« キュウリグサ | トップページ | キチョウとモンキチョウ »

2009年3月14日 (土)

ハコベ(ミドリハコベ)

 南国・福岡から、観測史上最も早い桜の開花ニュースが伝えられました。当地でもすっかり春めいた堤防を行くと、目の前の草むらから突然ヒバリが飛び立って、囀りながら晴れた天空に駆け昇っていきます。

 足元に目をやると、ハコベがたくさん白い花をつけています。Img_6355

 
 島崎藤村が、”小諸なる古城のほとり/雲白く遊子悲しむ/緑なすはこべは萌えず/若草も藉(し)くによしなし”、と詠ったハコベですが、冬寒が長く居座る千曲川のほとりと異なって、当地ではほぼ一年じゅう花や実を付けているのを見ることが出来ます。Blg39img_6298

 
 暖かさが増すこのごろ、一層勢いづいています。曇るとすっかり閉じたままですが、日を浴びると5弁花の白い小さな花を開きます。Img_6353trm

 
 花弁1枚が大きくV字型に裂けているため、まるで10枚あるように見えます。花柱は3つあり、雄しべは4~10個あります。

Img_6357trm
 
 春の七草の一つで、ハコベラ。子供の頃、ヒヨコグサと呼んで、ひよこを飼っていたときに摘んできてよく食べさせたものでした。

|

« キュウリグサ | トップページ | キチョウとモンキチョウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/28595298

この記事へのトラックバック一覧です: ハコベ(ミドリハコベ):

« キュウリグサ | トップページ | キチョウとモンキチョウ »