« 初雪! | トップページ | 鳥も移動の季節(2) »

2009年3月 1日 (日)

ホトケノザ

 春になったことを告げる雑草、野原や道端にごく普通に見かけるシソ科オドリコソウ属の2年草です。冬の間でも、小春日和の陽気に誘われて南向きの畔や斜面にポツポツと花を開いているのをみかけましたが、もうこの時期になると、場所によっては赤紫色の絨毯を敷いたように見えるほど群生しています。Img_6129
 ホトケノザという名前のように、四角い茎に仏様が座る「蓮座」のような葉が段のようにつき、その付け根に唇形の花をたくさんつけています。Img_6124 Img_6124trm
 花の中には蕾のまま開かずに種を付ける閉鎖花と呼ばれるものもあります。
 まれに白花もあるそうですがまだ見たことはありません。

 なお、春の七草に数えられる”ホトケノザ”は、本種とは全く別植物の、キク科ヤブタビラコ属「コオニタビラコ」のことで、田植え前の水田にしばしば見られる越年草です。Img_6190

|

« 初雪! | トップページ | 鳥も移動の季節(2) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/28409323

この記事へのトラックバック一覧です: ホトケノザ:

« 初雪! | トップページ | 鳥も移動の季節(2) »