« シロバナオオイヌノフグリ | トップページ | 姫川源流と親海(およみ)湿原①福寿草、キクザキイチゲ »

2009年4月27日 (月)

春の国道148号線を走る

4月中旬はじめ、まだ深い残雪の立山連峰の景色を後にして2simg_7286

 
 北陸自動車道を糸魚川で下りてから一般国道148号線を走りました。
 国道148号線(松本街道)は新潟県糸魚川から長野県大町市に至る一般国道で、古くは信濃の国に塩を運ぶ重要な街道であったことから、「塩の道」とも呼ばれ、今は「日本の道百選」にも選定され、観光シーズンには多くのハイカーで賑わうところになっています。
 高速を下りて、糸魚川の街並みを通り過ぎ、小滝駅付近までおよそ30分走ると、右手に明星山(1,189m)が目の前に見えるようになります。道路脇の駐車スペースに車を止めて記念撮影。1_1481189mimg_7292

 
 再び姫川に沿って南下していくとスノーシェッドの連続となり、この地域が豪雪地帯であることを感じさせます。
 20分ほどで、平岩PAに到達し、トイレ休憩。ここから雨飾山(1,963m)が遠望できます。
 雨飾山は糸魚川と接する県境の山で、麓はブナを中心に鬱蒼とした森に包まれ、頂上からは北アルプス、日本海を展望でき、また日本百名山にも選ばれています。
 登山シーズン中は大混雑するそうですが、機会があれば静かな時に是非一度は登ってみたい山です。
2_148pa411911p4113207cc
 
 さらに20分ほどで「小谷道の駅」に到着。まだ開店(10時)前でしたので、休憩を兼ねて付近を散策。隣接して温泉施設もあります。
 また傍には1995年7月11日の梅雨前線豪雨で 大きな被害を受けたものの、その後の懸命の努力で復興を果たしたこと記念する「災害復興記念公園」と、これを象徴するモニュメントがあります。2r_2

 
 ここからいくつかのトンネルを抜け、1時間ほど走ると北安曇郡白馬村に入る頃から、車の前景にまだ真っ白い北アルプス白馬連峰が横たわって見えるようになります。
 なかなか迫力のある眺めです。脇見運転をしなくて済むように道路脇に駐車スペースが設けてあるところでは、先客が車から降りて写真撮影中。
 同様に車を下りて、しばし美しい景観を堪能しました。
 更に30分ほど南下して白馬の市街地まで来ると、五竜岳の「武田菱」が春の青空に鮮やかに浮かび上がっていて感動的でした。2r3_2

 
 近くのスーパーでお昼弁当を買って、次の目的地である姫川源流に向かいました。(続く)

|

« シロバナオオイヌノフグリ | トップページ | 姫川源流と親海(およみ)湿原①福寿草、キクザキイチゲ »

旅行」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/29283881

この記事へのトラックバック一覧です: 春の国道148号線を走る:

« シロバナオオイヌノフグリ | トップページ | 姫川源流と親海(およみ)湿原①福寿草、キクザキイチゲ »