« カイツブリ | トップページ | 森公園への林道で(1)キクザキイチゲ、スミレ »

2009年4月10日 (金)

立山カルデラ・鳶山崩壊地、鍬崎山展望

 4月初旬の晴れた日、立山街道を、立山駅こえて更に少し称名の滝方面に向かって車で走ると、標高830mのところにある「富山ライオンズの森公園」案内板があります。
 この入り口から林道を上っていくと、高度が増すに従って、日陰には消え残りの雪が見られるようになり、やがて「志鷹100年の森展示林」の看板があるところまで辿ると、その先はまだ雪があり、普通タイヤの車はここでストップです。Simg_7093


 この辺りまで来ると、やはり春はまだ浅いようでした。

 道すがら、徐々に高度を上げていく林道から、目の前に広がる立山連峰の展望を楽しむことが出来ました。Simg_7095


 立山カルデラ鳶山崩壊地ズーム・アップSp4053036

 
 埋蔵金伝説の鍬崎山Sp4053043

 
 ピラミダルな鍬崎山ズーム・アップSp4053027

 機会と体力があれば、一度は登ってみたい山です。埋蔵金目当てではなく。

|

« カイツブリ | トップページ | 森公園への林道で(1)キクザキイチゲ、スミレ »

旅行」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/28990460

この記事へのトラックバック一覧です: 立山カルデラ・鳶山崩壊地、鍬崎山展望:

« カイツブリ | トップページ | 森公園への林道で(1)キクザキイチゲ、スミレ »