« 春に咲く黄色い雑草の花①コオニタビラコ、オニタビラコ、セイヨウタンポポとオオジシバリ、ハハコグサ | トップページ | 春に咲く黄色い花の雑草③ノボロギク、ハルノノゲシ、ウスジロノゲシ、オニノゲシ »

2009年5月23日 (土)

春に咲く黄色い雑草の花②イヌガラシ、オヘビイチゴ、ヘビイチゴ、カタバミ、アカカタバミ

 黄色い花の雑草です。

イヌガラシ(撮影'09.4.10富山):田の畔に生えていました。
 野原、道ばた、人家の庭などにも生えます。カラシナに似てています。スカシタゴボウにもよく似ていますが葉の裂け方が浅く、果実が細長いこと等で見分けられます。枝先に長さ4~6cmの花序を総状につけ、花は黄色で直径5mmほど。花後、果実は円柱形でやや上向きにつきます。090410img_7235 2r

 
オヘビイチゴ(撮影'09.4.22):
 日当たりの良い原っぱに生えていました。
 田の畔ややや湿った野原などに生えて、ヘビイチゴより大きいのでこの名前がつきました。
 花後の果実は花托がふくらまず、イチゴのような形にならないのが特徴です。
 茎は地面をはい、上部は立ち上がります。
 また根生葉が5小葉、茎の葉は3小葉になるので、この点でも、全て3小葉のヘビイチゴと区別できます。Blg4242r

 
ヘビイチゴ(撮影'09.4.22):
 原っぱにオヘビイチゴと混生していました。
 農道や畦道、庭先などのやや湿ったところに生える多年草で、本種は3小葉なので見分けられます。赤くて美味しそうな実がなりますが全くそうではありません。毒はありません。2r_2

 
カタバミとアカカタバミ(撮影'09.4.22):
 道路端の空き地に混生していました。茎が地面をはうように伸びていき、節々から発根して地面にくっついているのでなかなか草取りはやっかいです。
 また、葉が赤みを帯びたアカカタバミは、花はカタバミと同じ黄色ですが、花弁ののどの部分に赤い輪がみられることが多いです。
 アカカタバミは特に市街地に多くみられるそうです。Blg4224r

 
 (続く)
 

|

« 春に咲く黄色い雑草の花①コオニタビラコ、オニタビラコ、セイヨウタンポポとオオジシバリ、ハハコグサ | トップページ | 春に咲く黄色い花の雑草③ノボロギク、ハルノノゲシ、ウスジロノゲシ、オニノゲシ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/29671202

この記事へのトラックバック一覧です: 春に咲く黄色い雑草の花②イヌガラシ、オヘビイチゴ、ヘビイチゴ、カタバミ、アカカタバミ:

« 春に咲く黄色い雑草の花①コオニタビラコ、オニタビラコ、セイヨウタンポポとオオジシバリ、ハハコグサ | トップページ | 春に咲く黄色い花の雑草③ノボロギク、ハルノノゲシ、ウスジロノゲシ、オニノゲシ »