« クロメダカ産卵と飼育 | トップページ | 飛ぶクロハネシロヒゲナガ »

2009年5月 5日 (火)

ルリチュウレンジ

 チュウレンジハバチに続いてやって来たのは「ルリチュウレンジ」です。
 連日の好天でこの日は庭に出ていると暑いくらいで、木陰に吊した温度計は26℃の夏日を示していました。
 特に冬の間、日照不足のため葉芽ばかりになり、毎年花を付けることが殆どない”淋しい”ツツジがありますが、この傍で日陰のアジサイに飛んできて、ほんの一時休んでいたところをキャッチ。Img_8764

 
 その名のとおり全身瑠璃色に輝くメタリックなハバチです。
 大きさは9mm程度。翅は半透明で、針は持っていません。Img_8757trm Img_8762trm

 
 5月初めから10月くらいまで全国で見られ、花の蜜をたべるハチで、特別珍しいハチではありません。Img_8759trm Img_8764trm_2

 
 幼虫はツツジの葉を食害するイモムシで、体長2.5cm、黒い頭に、多数の黒点がある、うす緑色の体をしています。
 ツツジの葉の縁に沿って並んでくっついて居ると、どうしても容認しがたい存在になってしまいます。
 年3回発生し、冬は地中で繭を作って越冬し、春に蛹から羽化して出てきます。  

|

« クロメダカ産卵と飼育 | トップページ | 飛ぶクロハネシロヒゲナガ »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/29409538

この記事へのトラックバック一覧です: ルリチュウレンジ:

« クロメダカ産卵と飼育 | トップページ | 飛ぶクロハネシロヒゲナガ »