« 山野草③クワガタソウ、コンロンソウ、マルバコンロンソウ | トップページ | 山野草⑤ハシリドコロ、ヒイラギソウ »

2009年6月 3日 (水)

山野草④シャク、テンナンショウ属(マムシグサなど)

 5月に群馬県の山地で撮影した花シリーズです。

シャク:
 沢の下流で少し河床が広くなった水際に大きな群落を作っていました。セリ科特有の強い香気がある、と言うことですが生憎の雨模様で、気がつきませんでした。
 名前の由来はよく分からないそうですが、山野の湿地や沢沿いに生える多年草で、茎は上部でよく枝分かれして、高さ80~140cmにもなること。
葉は2回3出羽状複葉で、小葉はさらに細かく切れ込んでいます。若葉は食べられるそうです。
 5~6月、枝先に白い小さな花が集まった複散形花序をつけます。花弁は5個あり、花序の外側の花では、外側の2個の花弁が大きいです。Img_9094_1 2r

 
テンナンショウ属植物(マムシグサなど):
 登山道沿いの林縁・草地で、別々の場所に生えていました。
 独特の仏炎苞を見かけるとすぐにマムシグサ、としか思わないのですが、仏炎苞の色や形が明らかに異なる個体を見つけるとさすがにどうも違うかも知れないと図鑑を見直してみました。
 テンナンショウ属のなかで、マムシグサ、オオマムシグサ、ムラサキマムシグサ、ホソバテンナンショウはそれぞれの間に連続した形のものがあり、地方的な変化も多いので見分けるのは難しい、と解説がありました。
 ミミガタテンナンショウも含め、判別のための写真も未熟で、素人には無理、とあきらめました。
 不明の3種類の写真を掲載しました。いずれも花期はだいたい4~6月のようです。

2r_2 2rs 2r_3

|

« 山野草③クワガタソウ、コンロンソウ、マルバコンロンソウ | トップページ | 山野草⑤ハシリドコロ、ヒイラギソウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/29897736

この記事へのトラックバック一覧です: 山野草④シャク、テンナンショウ属(マムシグサなど):

« 山野草③クワガタソウ、コンロンソウ、マルバコンロンソウ | トップページ | 山野草⑤ハシリドコロ、ヒイラギソウ »