« 山野草⑤ハシリドコロ、ヒイラギソウ | トップページ | 山野草⑦ヤマブキソウ、レンプクソウ、コガネネコノメソウ »

2009年6月 5日 (金)

山野草⑥シロバナエンレイソウ、ミヤマハコベ、スミレ類

 5月に群馬県の山中で撮影した花シリーズです。

シロバナエンレイソウ(別名ミヤマエンレイソウ):
 沢沿い登山道脇の草地に生えていました。エンレイソウは緑色から褐紫色まで変化の多い3弁花をつけますが、こちらは名前のとおり白色の花を付けています。
 山地のやや湿ったところに生える多年草で、高さは20~40cmになり、菱形状卵形の葉を3枚輪生します。
 茎の先に直径3~4cmの白い花を1個付けます。3個の花弁の外側に、緑色の萼片が3個あるのが特徴で、花弁の先は尖っています。花期は4~5月。Img_9456_2Img_9457_2 

 
ミヤマハコベ:
 沢筋の草地に咲いていました。小雨の中で花が傷んだものが多かったのですが、平地で普通に見かけるハコベコハコベ、ミドリハコベ、ウシハコベなどの花径は5-7mm程度なのに対して、ミヤマハコベは1-1.5cmと大きく、見栄えがしてきれいです。
 花弁は5枚ですが、切れ込みが大きいので10枚あるように見えます。
 林の下などやや湿ったところに多く見られます。Img_9157_1 2r

 
スミレ類:
 登山道沿いの明るい林床のあちこちに色々な種類のスミレを見かけました。スミレは種類が非常に多く、素人にはなかなか判別が出来ません。
 スミレ図鑑を調べて、写真上からエイザンスミレ、フイリフモトスミレ、ツボスミレ、ではないかと推測しましたが間違っているかも知れません。
 自宅まわりにたくさん生えている野生のスミレ類に比べて全体的に小ぶりでした。Blg3r

|

« 山野草⑤ハシリドコロ、ヒイラギソウ | トップページ | 山野草⑦ヤマブキソウ、レンプクソウ、コガネネコノメソウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/29931129

この記事へのトラックバック一覧です: 山野草⑥シロバナエンレイソウ、ミヤマハコベ、スミレ類:

« 山野草⑤ハシリドコロ、ヒイラギソウ | トップページ | 山野草⑦ヤマブキソウ、レンプクソウ、コガネネコノメソウ »