« 山野草④シャク、テンナンショウ属(マムシグサなど) | トップページ | 山野草⑥シロバナエンレイソウ、ミヤマハコベ、スミレ類 »

2009年6月 4日 (木)

山野草⑤ハシリドコロ、ヒイラギソウ

 5月に群馬県の山中で撮影した花シリーズです。

ハシリドコロ:
 沢沿いの登山道で、木陰の湿った草地に群生していました。ハシリドコロの生えていた一帯にはアブの仲間が多数集まっていて、写真を撮ろうと近寄るとむき出しのウデや顔にとまり、チクチクしてとても不快でした。
 ハシリドコロはアルカロイドの強い毒成分を含み、人が誤って食べると幻覚症状を起こし、ところかまわず走り回るということから、ハシリドコロ、だそうです。
 春先に沢沿いや、山中の湿った木陰に生える多年草で、茎は直立してまばらに枝分かれし、高さ30~60cmになります。葉は互生し、葉身は卵状楕円形で長さ10~20cm。1img_9460_2

 
 4~5月、葉の脇に釣鐘形で長さ2cmほどの暗紅紫色の花を下向きにつけます。2img_9459

 
 斜め下に向いているハシリドコロの花を持ち上げて釣鐘状の花を覗いてみると、花の中にもたくさんのアブのような虫が群がっていることが分かりました。
何か特別の理由があるのでしょうか。
 このあと、6月の終わり頃には地上部は枯れて姿を消してしまいますので、ちょうど良い時期に遭遇したものだと思います。 32r

 
ヒイラギソウ:
 沢筋の少し広くなった湿地に咲いていました。花の青紫色がとても鮮やかでした。
 山地の木陰に生えるシソ科の多年草で、茎は数本が群がって直立し、高さ30~50cmになります。
 葉は対生し、葉身は卵円形で、長さ6~10cm、縁にはあらい鋸歯があります。
 4~6月、茎の上部の葉の脇ごとに2~3個ずつ青紫色の花を付け、輪状に並んだ3~5段の花穂になります。葉の形がヒイラギに似ているからヒイラギソウ。Img_9146 2r  

|

« 山野草④シャク、テンナンショウ属(マムシグサなど) | トップページ | 山野草⑥シロバナエンレイソウ、ミヤマハコベ、スミレ類 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/29913574

この記事へのトラックバック一覧です: 山野草⑤ハシリドコロ、ヒイラギソウ:

« 山野草④シャク、テンナンショウ属(マムシグサなど) | トップページ | 山野草⑥シロバナエンレイソウ、ミヤマハコベ、スミレ類 »