« 山野草②ミヤマキケマン、ムラサキケマン、クサノオウ、チゴユリ | トップページ | 山野草④シャク、テンナンショウ属(マムシグサなど) »

2009年6月 2日 (火)

山野草③クワガタソウ、コンロンソウ、マルバコンロンソウ

 5月に群馬県の山中で撮影した花シリーズです。

クワガタソウ:
 登山道沿いで日射しが入る林縁に咲いていました。花の形が皿形で、オオイヌノフグリに似ているかなと思ったものでした。
 ゴマノハグサ科の多年草で、主に本州の太平洋側に分布しているそうです。やや湿り気のある場所に生え、茎は根ぎわで枝分かれして直立し、高さ10~20cmくらいになること。
 葉は対生し、長い柄があり、葉身は卵形で、長さは3~6cm、縁にはにぶい鋸歯があります。
5~6月に、淡紅紫色、径8~13mmの花を開きます。Img_9471 Img_9469

 
コンロンソウ:
 山地の沢沿いの湿地にたくさん生えていました。
 アブラナ科の多年草で、総状花序に白色の花を付けることから、中国の神話の山「崑崙山」に積もる雪を想像して名付けられたと言われるそうです。
 根茎は横に伸び、茎は60cmくらいになります。葉は羽状複葉で、小葉は長楕円状披針形、縁には鋸歯があります。
花期は4~6月。Img_9088_1 2r_2

 
マルバコンロンソウ
 巻道沿いの林縁で湿気のある草地に生えていました。
 茎や葉柄、葉に細かい白い毛が生えています。
葉は5-7の小葉からなり、頂の小葉は大きく、丸みのある鋸歯があります。
花序は数個の花からなり、雄しべは6本。果実の表面にも細かい毛があります。花期は4~6月の越年草です。Blg2r_2

|

« 山野草②ミヤマキケマン、ムラサキケマン、クサノオウ、チゴユリ | トップページ | 山野草④シャク、テンナンショウ属(マムシグサなど) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/29882669

この記事へのトラックバック一覧です: 山野草③クワガタソウ、コンロンソウ、マルバコンロンソウ:

« 山野草②ミヤマキケマン、ムラサキケマン、クサノオウ、チゴユリ | トップページ | 山野草④シャク、テンナンショウ属(マムシグサなど) »