« クロナガカメムシ、マルカメムシ、コフキゾウムシ | トップページ | ノシメトンボとセスジスズメ(蛾)来訪 »

2009年7月11日 (土)

ベニスズメ(ガ)幼虫とツマグロヒョウモン幼虫

 シャクトリムシが居たのと同じ日の午後、雨で濡れて乾かない玄関先に気持ち悪いヤツが這っていました。グーッと頭部を伸ばしたときには8cm位もあります。622img_008380mm_3trm

 
 頭部を縮めた時、前方から見ると肢胸部の側面にある大きな眼状紋が目立ち、なんとも”気持ち悪い”容貌・姿になります。622img_008380mm_2trm

 
 ピンと立った尾角が特徴のスズメガ仲間のベニスズメ幼虫です。(ベニスズメ、と言うと可愛らしい小鳥の方が先に頭に浮かびますが・・・
 割り箸で摘んで袋に入れて運び、近くの草原に強制疎開させました。

 そして2日後、再び雨上がりの庭の地面を這っています。雨で濡れて光りながら地面を這う姿にはどうしても慣れることはありません。どこからやってくるのか困りものです。624img_0100 624img_0105

 
 すぐ近くには、常連のツマグロヒョウモンのお子様が居ますが、こちらには慣れましたので、一切かまわずです。623img_0099trm

 
 チョウもガも、分類学上は同じもので、好き嫌いと差別するのはけしからん、と叱られることがあります。区別なら良いのでしょう。

|

« クロナガカメムシ、マルカメムシ、コフキゾウムシ | トップページ | ノシメトンボとセスジスズメ(蛾)来訪 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クロナガカメムシ、マルカメムシ、コフキゾウムシ | トップページ | ノシメトンボとセスジスズメ(蛾)来訪 »