« アメリカネナシカズラ(寄生植物) | トップページ | クロナガカメムシ、マルカメムシ、コフキゾウムシ »

2009年7月 9日 (木)

ヨモギエダシャク幼虫とクロオビハナバエ

 6月下旬、手入れをしないネコの額の庭は、ネコも通れなくなるほど草木が伸び放題になりました。20090622am85img_0063

 
 前夜からの雨が霧雨に変わった午前中、ウメの小木の徒長枝を切っていたところ、何かグニュッとした感触があり、手元を見ると、切りとった枝に細長いイモムシがくっついていました。(゚ー゚;Img_0022jtcc
 
 大きさ40mmほどの淡黄緑色をしたシャクトリムシの仲間、ヨモギエダシャクです。
 シャク取り歩きをするのですぐ分かりました。Img_0026jcc40mm  

 
 庭園樹や果樹など色々な樹木や花卉の葉を食害します。
 幼虫の体色にはうす茶色からこの個体のようなうす緑色など変化が多いそうです。
 脚と義足の間が離れていて、草や木の枝にいるとカモフラージュで見つけにくいようです。

 
 そのまま放置して後で片付けようとしたら、少しぐったりした様子の幼虫に大きさ5mmほどの小さなハエがとまっていました。

Img_0057jtrm

 
 クロオビハナバエです。ハナバエという名前がついていますが、花に来るわけではなく、ゴミためなど汚いところに集まるハエだそうです。
 動きの鈍い、まだ生きているイモムシを舐めているようでしたが・・・Img_0057trml

 
 小さな自然の片隅での出来事です。

|

« アメリカネナシカズラ(寄生植物) | トップページ | クロナガカメムシ、マルカメムシ、コフキゾウムシ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカネナシカズラ(寄生植物) | トップページ | クロナガカメムシ、マルカメムシ、コフキゾウムシ »