« ヤマユリ(ユリの女王) | トップページ | ヤマトシリアゲ »

2009年8月 5日 (水)

アゲハの卵と幼虫、モンキチョウの卵

 7月、蝶の道になっているらしい住宅地の庭つたいに、アゲハやミスジチョウ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモンなどが定期的にやってきます。

 例年の通り、山椒の樹にやってきて卵を産んでいったのはアゲハです。山椒の葉の上に一つずつ、生み付けてありました。
 直径約1mmほどの、黄色いまん丸い卵です。Img_03441mm

 
 2日後に約3mmほどの孵化したばかりの幼虫がいました。刺だらけの幼虫です。2r3mm1

 すぐに”鳥の糞”そっくりになり、その後黄緑色の大きな幼虫になって蛹になり、羽化します。毎年、羽化するまで見届けたことはなく、黄緑色の大きな幼虫になったくらいから忽然と姿が見えなくなっています。

 
 フィールドでは、草むらにはびこったアカツメクサにモンキチョウがやって来て、目の前で卵を産んでいきました。2r

 
 肉眼で、横から見ると細長い楕円形です。真上から見ると円形に見えます。2r_2

 
 気の毒でしたが、葉から取り外してルーペで計測したところ、およそ直径0.6mm、高さ1.3mmほどの紡錘形で、黄色いトウモロコシに似た外観でした。Img_109606mm13mm

 
 野原では、やがて青虫になり、モンキチョウになるのですね。

|

« ヤマユリ(ユリの女王) | トップページ | ヤマトシリアゲ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/30804147

この記事へのトラックバック一覧です: アゲハの卵と幼虫、モンキチョウの卵:

« ヤマユリ(ユリの女王) | トップページ | ヤマトシリアゲ »