« ソバナ、ヤマアジサイ、キツリフネ、ツリフネソウ、ミヤマシシウド、ヤマハハコ、ウメバチソウ | トップページ | セマダラコガネ、アオジョウカイ、ヒメジョウカイ、カメムシ幼虫 »

2009年9月13日 (日)

ハネナガイナゴ、コバネイナゴ、フキバッタ、ヤブキリ、ヒメギス幼虫

 称名道路(富山県)沿い②夏の昆虫類(1)

8月初旬、小雨と霧の流れる道路で、称名川沿いに生えたアカソなどの植物や、山側斜面のよう壁などにとまっていた昆虫類です。

ハネナガイナゴ:
 道路山側のよう壁には、なぜかハネナガイナゴがたくさんとまっていました。ただ逃げ足が速くて、写真を撮ろうと近寄るとすぐに逃げるので、あまり鮮明な写真は撮れませんでした。 
 名前のとおり、稲の害虫のイナゴ(コバネイナゴ)に比べて、翅がだいぶ長いのが特徴です。
 (→追記2011/10/25:ハネナガイナゴとしたこの個体は、ハネナガフキバッタのようでもあることが分かりました。写真が今ひとつで、いずれとしても確信がありません。)2r_5

 
コバネイナゴ:
 参考までに、翅の短いコバネイナゴです。ご近所の稲をあらしていたものです。
2r_6

 
フキバッタの仲間:
 はじめはイナゴの子供かと思ったのですが、別の昆虫でフキバッタの仲間でした。色々な種類があるようですが素人には区別が難しく、種類は分かりません。2r_7

 
ヤブキリ:
 キリギリスに似た緑色のおおきなバッタ。アカソの葉にとまっていました。
 自宅周辺ではキリギリスなどが住める環境がなくなって、全く見ることがありません。懐かしさを覚える姿です。Img_1573

 
ヒメギス(褐色型):
 アカソの葉や、もう穂の出たススキにとまっていました。2r_8

 
 (続く)

|

« ソバナ、ヤマアジサイ、キツリフネ、ツリフネソウ、ミヤマシシウド、ヤマハハコ、ウメバチソウ | トップページ | セマダラコガネ、アオジョウカイ、ヒメジョウカイ、カメムシ幼虫 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/31269070

この記事へのトラックバック一覧です: ハネナガイナゴ、コバネイナゴ、フキバッタ、ヤブキリ、ヒメギス幼虫:

« ソバナ、ヤマアジサイ、キツリフネ、ツリフネソウ、ミヤマシシウド、ヤマハハコ、ウメバチソウ | トップページ | セマダラコガネ、アオジョウカイ、ヒメジョウカイ、カメムシ幼虫 »