« ルリタテハ羽化、旅立ち(1) | トップページ | 東北地方バスの旅(九月) »

2009年9月27日 (日)

ルリタテハ羽化(動画)、旅立ち(2)

 9月、屋外で蛹になっていたルリタテハ2頭目の羽化を観察しました。1頭目(前報)で多少の情報が得られましたが、2頭目の羽化は、蛹化後、1頭目(9日)より2日長い11日目になりました。ただ、羽化当日の羽化始まり時間がサバ読み予測よりすこし早く始まってしまいました。
 朝食後、虫かごから離れたところでパソコン作業をしていて、時々横目で見やっていたのですが、気がついたときには既に羽化が始まっていました。羽化開始後およそ1分ほど経過していたようです。
 あわててカメラに飛びつきましたが後の祭り。(余談ですが、さらにこの後日、別の蛹の羽化の瞬間を、同じカメラのSDカードに記録撮影できたのですが,どうやらSDカード不良が原因らしく、当該撮影記録以降、すべての動画、静止画像ともデータの読み出しが出来なくなってしまいました。大事な記録は、値段は高くてもやはり信頼性の高い日本製SDカードにすべきだったと思います。)

 羽化前日、昼前の蛹の様子(写真左)と、羽化当日で、羽化1時間前(午前7時09分撮影)の蛹の様子(写真右)です。
 前日夜間から早朝にかけて蛹の色は黒くなっていましたが、やがて黒色がどんどん抜けていき、羽化が近くなると、翅の模様がはっきり見えるようになりました。
 オレンジ色が、成虫の水色の紋様になる部分のようです。910920am112011921am70912r

 
 わき見をしていた間に羽化が始まってしまいました。(午前8時09分頃)それで、別の蛹の羽化動画記録で、読み出し不能になったものを、カメラの液晶では再生出来るので、それを別のカメラでスナップショットにして、羽化開始からちょうど60秒分を参考画像として次に掲載しました。写真上段、左から右へ、さらに下段左から右へと羽化が進行していきます。この間がおよそ60秒でした。60922blg6pnc

 
 次に掲載の動画は、上記の最後の静止画像の状態で、蛹殻から抜け落ちる瞬間からの記録です。
 ツマグロヒョウモンの羽化に較べて抜け出すのはスピーディでした。(記録時間は60秒です)

Eclosion of the Blue Admiral chrysalis. from on Vimeo.

 
 羽化後15分から2時間くらいの間に、赤色体液、その後さらに透明な体液を排出していきます。下に敷いているティッシュペーパーには驚くほどの赤色のシミが広がっています。921am1002_img_2771

 
 そのまま室内においておきました。2時間半ほどして、ふわりと窓のレースカーテンに飛び移り、翅をゆっくり開閉しながら上へと登っていきます。
 誕生記念のスナップショットの後、戸を開けると、近くの庭木に飛んでいき、葉裏にとまってしばらくはそのままで居ました。
 そしてちょうど正午に、秋の空へと飛び立っていきました。2r1021

 これで、フィーバーも一段落しました。

|

« ルリタテハ羽化、旅立ち(1) | トップページ | 東北地方バスの旅(九月) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/31487548

この記事へのトラックバック一覧です: ルリタテハ羽化(動画)、旅立ち(2):

« ルリタテハ羽化、旅立ち(1) | トップページ | 東北地方バスの旅(九月) »