« 国道140号線の晩秋模様 | トップページ | 徳和渓谷 »

2009年11月25日 (水)

トビムシ(秩父市大滝村山中)

 国道140号線(彩甲斐街道)の秩父山中で、お昼にお蕎麦を食べに立ち寄った、秩父市大滝、通称六本松付近の落葉の中で暮らしていたトビムシです。
 暑さ寒さにはあまり関係なく、どんな環境にもごく平気で適応して生きている”陸のプランクトン”たちです。
 大きさは、大方のものが1mm前後。ルーペで拡大してみると、やはりその姿・形は美しくも可愛くもない原始的な生き物です。(写真撮影倍率はいずれも×30倍)

アヤトビムシの仲間:
 体調1.8mmほど。立派なバネ(跳躍器)を持っています。触覚からバネの先まで、全身毛むくじゃらでした。Fitimg_3774_2

 
ムラサキトビムシの仲間:
 大きさ0.8mmほどでずんぐりした体型。短いけれどバネがあります。Img_3717

 
シロトビムシの仲間:
 体調1.2mmほど。バネは見あたりません。体内に取り込んだ”茶色のソーセージ”が見えて、たくさんの腐植を食べている様子が分かります。Img_3769

 
ツチトビムシの仲間:
 大きさ1.2mmほど。立派なバネを持っています。どこでも見つかる種類のトビムシ。Img_3771

|

« 国道140号線の晩秋模様 | トップページ | 徳和渓谷 »

トビムシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/32325556

この記事へのトラックバック一覧です: トビムシ(秩父市大滝村山中):

« 国道140号線の晩秋模様 | トップページ | 徳和渓谷 »