« ナガバオモダカ、ミズヒキ、ウシハコベとホソヒラタアブ | トップページ | ヤクシソウ »

2009年11月 4日 (水)

ナギナタコウジュ

 秋になると山地で見られるシソ科の1年草です。全体に強い香りがあります。
葉は鋸歯(ギザギザ)のある卵形~狭卵形です。
Img_3196

 
 茎は四角形で、まばらに軟毛が生えていて、高さは30~60cmほどになります。Img_3199

 
 枝先に花穂を出し、長さ約5mmの淡紅紫色の唇形花を1方向に密につけます。Img_3196_1

 
 花冠の縁は細かく裂けています。 花が片側についた様子を薙刀に見立てて名前が付けられました。
 分布は日本各地、花期は9~11月。(撮影10/9、群馬県)Blgimg_3196_2

|

« ナガバオモダカ、ミズヒキ、ウシハコベとホソヒラタアブ | トップページ | ヤクシソウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/31877333

この記事へのトラックバック一覧です: ナギナタコウジュ:

« ナガバオモダカ、ミズヒキ、ウシハコベとホソヒラタアブ | トップページ | ヤクシソウ »