« 晩秋の野原:オオイヌタデ、イヌタデ、オオジシバリ、クコ | トップページ | アマガエルも冬眠の季節 »

2009年11月22日 (日)

ウラギンシジミ(♀)

 先日、寒さが増してきた庭にウラギンシジミがやってきました。頻度は多くありませんが、これまでもたまに見かけたことがあります。
 例によって庭木の上の方をヒラヒラ飛び回っていてなかなか下に降りそうにもありません。
 ご迷惑なこととは思いましたが、傍にあった捕虫網で捉えてプラスチックシャーレに入れ、しばらく窮屈な思いをして貰いながら、お写真を撮らせてもらいました。
 むろん撮影後は、お帰り頂きましたが、きっとこれに懲りて、もう寄りつかれないかもしれません。
 翅の模様から♀でした。Img_3657trm Img_3639trm Img_3649 Img_3661 Img_3662

 ウラギンシジミは成虫で越冬しますので、一応,年中見ることが出来ることになります。
冬の寒い時期は、樹木の葉裏で翅を閉じて静かに休んでいます。 

 南米で見た蝶類の華麗な色彩と模様のあでやかさに較べれば、まさに侘び寂び、いぶし銀の風情で、日本の蝶もなかなかのものです。

|

« 晩秋の野原:オオイヌタデ、イヌタデ、オオジシバリ、クコ | トップページ | アマガエルも冬眠の季節 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/32249158

この記事へのトラックバック一覧です: ウラギンシジミ(♀):

« 晩秋の野原:オオイヌタデ、イヌタデ、オオジシバリ、クコ | トップページ | アマガエルも冬眠の季節 »