« チョウジソウの種 | トップページ | 新しい年を迎えて;オニグルミの冬芽と葉痕・維管束痕 »

2009年12月31日 (木)

大晦日

 今年も終わりになりました。この一年間、ブログを訪問して頂いた皆様、ありがとうございました。
 この一年も様々な出来事がありました。一年を振りかえり、未解決の多くの課題を確認して、新しい年へ漕ぎ出していかなければなりません。船長の責任は重大ですが、乗組員個々の役割分担責任もまた大切です。
 
 COP15も残念ながら期待された合意は得られずに終わりました。慣用句のように”悠久の大自然”と称していましたが、恒久不変ではないこともはっきりしています。
 物理的にはエンドレスの時間に、一つの区切りをつけて、将来を展望しなければなりません。

 
 さて、年末、関東から北陸へとトンネルを抜けると、やはりそこは雪国の世界でした。4r

 
 街並みを外れて少し歩くと、早朝には曇り空でも、立山連峰がくっきりと見える時間があります。
 少し時間が経つと稜線は雲に覆われてしまいますが。4r_2

 
 大晦日には天気予報のとおり、朝は雹が降り、やがて雪に変わりました。元日にかけてかなり積もりそうです。
 ”鰤(ブリ)おこし"と呼ばれる雷も時々鳴っています。Img_0162trm
 北陸路の冬の自然です。
では皆様。良いお年をお迎え下さい。

|

« チョウジソウの種 | トップページ | 新しい年を迎えて;オニグルミの冬芽と葉痕・維管束痕 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/32800376

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日:

« チョウジソウの種 | トップページ | 新しい年を迎えて;オニグルミの冬芽と葉痕・維管束痕 »