« コバノタツナミの種 | トップページ | チョウジソウの種 »

2009年12月29日 (火)

ナズナの種

 ナズナは畑地や野原などあらゆるところに普通に生えている2年草です。ハート形の果実の柄を引っ張って、花穂を振るとシャラシャラと音がします。ペンペングサと呼ばれるゆえんですが、もっとも昨今はこんな遊びをする子供さんも見かけなくなりました。
 秋に芽生え、越冬のためにきれいな形のロゼットを形成しているナズナは、昔から春の七草の一つとして七草がゆに入れたり、天ぷらやおひたしにしたり、みそ汁の具にするなど、アクがなく、くせもないので、美味しく身近な”野草”です。
 ナズナ・ロゼットの小さな個体はそのまま越冬しますが、大きく育ったものは12月から2月の厳寒期でもしばしば花をつけていることがあります。温暖化の影響もあるのでしょうか。2r_71

 
 12月中旬に花をつけていた個体の”バチ”の皮を剥いでみると、Img_4084

 Img_4160

 
 まだ緑色で未熟のようでしたが、米粒のような形をした、大きさ長径0.8mmほどの 種が入っていました。表面には粒々があります。Img_4196_2Img_4196_508mm
 

 この種でも発芽するのでしょうか。

|

« コバノタツナミの種 | トップページ | チョウジソウの種 »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/32747348

この記事へのトラックバック一覧です: ナズナの種:

« コバノタツナミの種 | トップページ | チョウジソウの種 »