« 冬芽と葉痕・維管束痕(キリ、カツラ、フジ) | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕(カワヤナギ、イチジク) »

2010年1月 9日 (土)

冬芽と葉痕・維管束痕(不明の雑木1:ヤマグワ?)

 用水路沿いの堤防に数種類の雑木がポツンポツンと自生して高さ数メートルの株になり、除草の邪魔になっていますが、これまで伐採されないで残っています。
 おかげで冬芽の観察教材になるのですが。
 12月下旬、その雑木の一つ。
 ほとんど丸裸で、枯れた広葉がわずかにのこっているだけで、ヤマグワ(?)のようですが、正確な樹名は分かりません。1img_4360

 
 のぞいてみた冬芽と葉痕・維管束痕の形です。
 一応整った形ですが、いまひとつイメージが湧きませんでした。Img_4323cctrm

 
 枝に絡みついていた枯れ葉に小さい白い繭がくっついているのが目に入りました。1img_4360_1

 
 アップです。1img_4360_2

 
 余計なことはしないで、と思いながらも暇つぶしに繭を開けてみました(極めて丈夫で、指でほぐすのが容易ではありませんでしたが)。
 中にあったのは蛹になるのに失敗して、イモムシの姿のまま死んで乾涸らびた15mmほどの幼虫の残骸でした。1img_4360_4

 命を確実に継代していくことはそれほど容易ではないという自然の一端でしょうか。  

|

« 冬芽と葉痕・維管束痕(キリ、カツラ、フジ) | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕(カワヤナギ、イチジク) »

冬芽と葉痕」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/32916790

この記事へのトラックバック一覧です: 冬芽と葉痕・維管束痕(不明の雑木1:ヤマグワ?):

« 冬芽と葉痕・維管束痕(キリ、カツラ、フジ) | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕(カワヤナギ、イチジク) »