« ビワの花 | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕(キリ、カツラ、フジ) »

2010年1月 7日 (木)

北陸路を後に

 関東の晴れた青空の冬に慣れていると、やはり北陸路の冬は苦手です。
 しかし珍しく晴れた日の夕刻、北アルプス立山連峰の一角が、薄い夕日を浴びて一瞬の光芒の内に霞んで見える時など名状しがたい光景はこの地でしか体験できません。Blg20100105img_4441trm

 
 快晴の翌日は、除雪された道路の雪が消え残っている上に、また終日の降雪です。
 しんしんと冷えます。
 7日付の朝刊(富山地方版)によると、この正月の雪は想定外の降雪量で、既に除雪予算を使い果たし、追加予算を組まなくてはならない市町村が大半で、まだ余裕があるとするのは3町村だけとか。
 この冬は暖冬傾向との予報が裏目に出たようです。Blg20100106img_4513trm2cc 

 これで少し長居してしまった北陸路を後にすることにしました。

 
 北陸本線の車窓からは荒れ模様の日本海を眺め、2r

 
 やがて列車は直江津を過ぎると第三セクターのほくほく線へ。
 吹雪の中の十日町から六日町あたりの真っ白い世界。
 吹雪のせいで列車は少し遅れて越後湯沢へ。2r_2

 
 そして関東平野に達すると夕焼けに浮かび上がる富士山のシルエットがありました。2r_3

 
 あらためて、日本も広いな、いや狭いな、と複雑な心境に。

 余談ですが、正月の間に、残念ながら冬山の遭難事故が何件か報道されました。
 危険は十分承知の上で厳しい冬山に挑戦される情熱は、凡夫には計り知れないところです。

|

« ビワの花 | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕(キリ、カツラ、フジ) »

自然」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/32881581

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸路を後に:

« ビワの花 | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕(キリ、カツラ、フジ) »