« 冬芽と葉痕・維管束痕(不明の雑木1:ヤマグワ?) | トップページ | ロウバイ開花 »

2010年1月10日 (日)

冬芽と葉痕・維管束痕(カワヤナギ、イチジク)

 用水沿い堤防に雑木のカワヤナギが何本か自生しています。
 カワヤナギは調節池の湿地にも自生してかなり大きく成長したものがあって、既に昨シーズンに冬芽と葉痕・維管束痕は観察済みです。
 今回繰り返しになりましたが昨年12月下旬に観察した写真を掲載しました。
 細長い葉がまだ少し残っていた株。樹高は3m 程度。
1img_4357

 
●カワヤナギの冬芽と葉痕・維管束痕。
 観察にはルーペが必要です。少し色あせた感じです。1img_4357_1

 
 ・少し離れた場所に生えている樹高4mほどのカワヤナギの株2img_4366立ち

 
 ・その冬芽と葉痕・維管束痕 。こちらの方が元気そうな表情でした。2img_4366_2ccr

 
●イチジク冬芽と葉痕:
 堤防対岸の畑の傍に、これも自生らしいイチジクの低木がありました。大きな葉痕です。
 とんがり帽子のお人形のようですが、今ひとつイメージが湧きません。感性の貧困ですね。Img_4297

|

« 冬芽と葉痕・維管束痕(不明の雑木1:ヤマグワ?) | トップページ | ロウバイ開花 »

冬芽と葉痕」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/32922991

この記事へのトラックバック一覧です: 冬芽と葉痕・維管束痕(カワヤナギ、イチジク):

« 冬芽と葉痕・維管束痕(不明の雑木1:ヤマグワ?) | トップページ | ロウバイ開花 »