« 新しい年を迎えて;オニグルミの冬芽と葉痕・維管束痕 | トップページ | イロハモミジ(イロハカエデ):冬芽と葉痕・維管束痕 »

2010年1月 2日 (土)

雪のお正月;ナナカマドの冬芽と葉痕・維管束痕

 北陸路は、大晦日から降り始めた雪が降りやまず、元日には富山県内全域に大雪警報が出され、みるみるうちに降り積もっていきました。
 しかし午後4時55分に警報は注意報に変わり、大雪の峠は越したようです。242r

 
 ただし、予報では2日の午前中まで降り続くということです。

 元日の積雪量は富山市では42cmと発表されていましたが、山間部ではゆうに1mを超えたようで、あらためて”雪に慣れない生活感覚”では、大変さばかりが思い浮かびますが、住み慣れた地元の人々には特別に変わらない日常のようです。
 玄関先から街路までの数mの雪かきで、もうすっかり閉口。ヤワなものです。Img_0170 Img_0171 Img_0172

 
●ナナカマドの冬芽と葉痕、維管束痕:
 この雪景色の中に、庭植のナナカマドの冬芽が震えていました。
 そう思いこんだだけで、本当のところは雪とともに吹き付ける風に揺れていただけのことですが。
 目鼻立ちがはっきりした元気な坊やのようです。Img_4404trmcc

|

« 新しい年を迎えて;オニグルミの冬芽と葉痕・維管束痕 | トップページ | イロハモミジ(イロハカエデ):冬芽と葉痕・維管束痕 »

冬芽と葉痕」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/32820653

この記事へのトラックバック一覧です: 雪のお正月;ナナカマドの冬芽と葉痕・維管束痕:

« 新しい年を迎えて;オニグルミの冬芽と葉痕・維管束痕 | トップページ | イロハモミジ(イロハカエデ):冬芽と葉痕・維管束痕 »