« アゼゴケ(あぜ道のコケ) | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕(サンショ) »

2010年2月10日 (水)

ヒバリ(留鳥)

 昨日は日中の外気温が20℃を超えて、外出すると上着が要らないくらいになりました。
 遠景はすっかり霞んでしまいましたが、上空は真っ青です。
 この好天に誘われて、草原にはヒバリがお出まし。地面に降りて、時々囀りながら、草の実や昆虫を探してトコトコ歩き回っていました。Blg2010020920


 他の仲間が近寄ってくると、囀りながらあっという間に碧空へと駆け上がっていきました。
揚げ雲雀です。P2094888

  舞い上がる高さは100mくらい、滞空時間は5~10分ほどだそうです。
 1日限りの陽春を感じた一時でしたが、天気予報ではこれからまた寒くなるようで、生き物たちも戸惑うことでしょう。

|

« アゼゴケ(あぜ道のコケ) | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕(サンショ) »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/33312504

この記事へのトラックバック一覧です: ヒバリ(留鳥):

« アゼゴケ(あぜ道のコケ) | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕(サンショ) »