« カワラヒワ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ (留鳥/漂鳥) | トップページ | コガモ(冬鳥) »

2010年2月24日 (水)

ジョウビタキ(冬鳥)

 秋に、冬鳥として、越冬のため日本に渡ってきます。里山の雑木林の縁や民家の庭や公園の植栽、農耕地や河原の低木などにやって来て、主に昆虫類やクモ類、また植物ではナンテン、ツルウメモドキ、ヌルデなどの小さい草木の実を食べています。
 なわばり意識がとても強い小鳥で、車のバックミラーなどに自分の姿が写るとさかんに飛びついていったりする姿も見られます。
 ♂と♀では体の色が違います。春にはまた北へと帰って行きます。
写真はよく晴れた2月下旬、堤防の草原や住宅地で見かけた個体です。いつまでいてくれるでしょうか。

ジョウビタキ♂(2月21日撮影)Blg201002212r

ジョウビタキ♀(同日)Blg2r

P2214923trmcc
 やさしい目をしています。無事な旅立ちと道中であってほしいものです。

|

« カワラヒワ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ (留鳥/漂鳥) | トップページ | コガモ(冬鳥) »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/33474901

この記事へのトラックバック一覧です: ジョウビタキ(冬鳥):

« カワラヒワ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ (留鳥/漂鳥) | トップページ | コガモ(冬鳥) »