« 春をまとめて | トップページ | 冬鳥、北に帰る »

2010年3月25日 (木)

アブラチャン、ダンコウバイ、再度の”取材”

 過去にも記録しましたが、どうしても気になる点があって、あらためて”取材”に行ってきました。
 そして結論は、アブラチャンとダンコウバイの花の写真をランダムに並べて名前を当てようとすると、これができません。植物学の専門的知識があればもちろん可能ですが、素人の私には、花盛りの花だけを見たら、両者の区別はなかなか難しい、ということになりました。

 これでは芸がないので、素人目にも違いの分かる蕾が残っている枝を探して、これとセットで、写真を整理して掲載してみました。
 蕾が見つからないときは、秋に実が成ったときに観察すれば、やはり明快に実の形が全く違うことから区別できるのですが、そのころになるとすっかり忘れて、両者の実は植物図鑑でしか見たことがありません。

アブラチャン2r1

2r2

 
ダンコウバイ:2r1_2

2r2_2

2r

 
 この時期、山里や山地の林縁、また渓谷沿いに、それほど目立つ存在ではありませんが、黄色い花をつけた低木~小高木があれば、たいていアブラチャンかダンコウバイでしょう。サンシュユは時期が少し早いようですが、ところによってはいっせいに咲いていることもあるようです。
 なお、ダンコウバイは雌雄同株、アブラチャンは雌雄異株で、雄花と雌花で形が違う(雌花は中央の雌しべが目立ち、子房は球形)ということです。
 さらに、アブラチャンの花には”花柄”があり、ダンコウバイには花柄は無い、これは蕾の付き方からも分かる、ということです。ただ、満開で花付きの良い枝の場合はこの差も観察しづらいようでした。

|

« 春をまとめて | トップページ | 冬鳥、北に帰る »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/33916341

この記事へのトラックバック一覧です: アブラチャン、ダンコウバイ、再度の”取材”:

« 春をまとめて | トップページ | 冬鳥、北に帰る »