« 春を告げる | トップページ | アブラチャン(油瀝青)の冬芽 »

2010年3月 3日 (水)

春を告げる野原

 野原の雑草にも生育期や開花期などが植物図鑑のとおりではなくて、季節の境目が判然としなくなったものが増えてきたような気がしますが、単なるばらつきの範囲なのでしょうか。

シロバナタンポポ:
 日当たりの良い草地には、冬の間にも、地表のロゼット葉は枯れこんでいて、花茎もほとんど伸びないまま、地面に張り付いたように開花したものがありました(写真上)が、やはりこの頃には花茎を伸ばして群落をつくりはじめています。2r_2

 
ホトケノザ
 こちらも寒中に咲いているのを見かけることがありました。もちろん春には群生が見られるようになりますが。Img_5014Img_5017

 
オオイヌノフグリ
 群生するとあたり一面ブルーで、落ち着いた爽やかな気分になります。Img_5010

 
菜の花:
 もうぼちぼち、春の野に出て、若菜摘みが楽しめます。しかし飛んでくるスギ花粉のアレルギーの苦しみと引き替えです。Img_5023

|

« 春を告げる | トップページ | アブラチャン(油瀝青)の冬芽 »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/33601196

この記事へのトラックバック一覧です: 春を告げる野原:

« 春を告げる | トップページ | アブラチャン(油瀝青)の冬芽 »