« フクジュソウ、カタクリ、アズマイチゲ、ニリンソウ、ショウジョウバカマ | トップページ | セントウソウ »

2010年3月28日 (日)

キバナノアマナ(スプリング・エフェメラル)

 寒暖の気温差が大きい日が続いたため、春も足踏みしていた3月下旬の晴れた日に、”面会予定”のあったキバナノアマナに会ってきました。初めてのご対面です。
 可憐な花だと聞いていましたが、当日は関東地方一帯が時ならぬ強風に見舞われた直後ということもあって、か弱い花茎がやっと持ちこたえたという風情で、一層その印象を深めました。

キバナノアマナ:Img_55061

Img_5539_1

Img_5506_6

Img_5597

Img_5506_7
 (写真撮影:2010.3.22栃木県)

 キバナノアマナは山野に生育する多年草で、早春植物(スプリング・エフェメラル/春の妖精)と呼ばれる植物群の一つです。北海道・本州中部以北に分布し、本州西部と四国、九州にも限定的に報告があるようですが、少ないとされています。
 地下に10~15mmほどの鱗茎(球根)があり、早春に葉と同時に花茎を出します。根出葉は線形で厚ぼったく、柔らかで、幅は5~7mm、長さは10~20cmほど。
 生育地域により差はあるようですが、3月中旬頃から5月にかけて、花茎の先端に数個~10個の花を咲かせます。花は開花直後は黄緑で、やがて黄色になります。花披片は長さ12~15mm。夏が本格化する頃には地上部は枯れて、来春まで地上から姿を消してしまいます。 

|

« フクジュソウ、カタクリ、アズマイチゲ、ニリンソウ、ショウジョウバカマ | トップページ | セントウソウ »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/33957961

この記事へのトラックバック一覧です: キバナノアマナ(スプリング・エフェメラル):

« フクジュソウ、カタクリ、アズマイチゲ、ニリンソウ、ショウジョウバカマ | トップページ | セントウソウ »