« サイエンスカフェ(閑話休題):その4 宇宙は無限にあるか | トップページ | モンキチョウ、キタテハ »

2010年3月22日 (月)

ハクモクレン、春の嵐

 先日(3/19)、大きくなってから足踏みしていたハクモクレンの蕾がやっと一輪、開花直前までになりました。

Img_5453

 
 そして一昨日(3/20)は日中暖かく、風もない好天になったせいで、ほとんどの蕾がいっせいに開きはじめました。Img_5480trm

Img_5478

 
 ところがその夜から昨朝(3/21)にかけて、関東地方は発達した低気圧と前線の影響で、時ならぬ猛烈な強風に見舞われました。終夜、雨戸を激しく揺さぶり鳴らす強風のせいで、少々寝不足気味の朝になりました。
 この悪天候のため、(3/21)始発から運転停止や遅れの出ている交通機関の情報を確認しながら、所用のため朝から都心まで出かけてきました。夕刻、帰宅して見ると、心配していたとおり、たった1日で痛んでしまった白い花が、まだおさまりきらない風に揺さぶられながら闇の中に白く浮かんでいました。Img_5493

          

          あはれしる

      あはれしるをさなごころに

      ありなしのゆめをかたりて

      あまき香にさきし木蓮

      その花の散りしわすれず  (三好達治・詩集「花筐」) 

 
 なんと風情のないことでしょう。これでは詩情も感慨も湧いてきません。

 花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ 
  (干武陵の五言絶句「歓酒」:井伏鱒二訳)       こちらでしょうね。

 都心でも最大風速30m近くの強風だったというニュースでした。上野駅の乗り換えで、地下連絡通路のずっと奥まで、たくさんの木の葉が吹き込まれて散乱していました。普段はとても見られない光景です。20100321jrimg_5489

 スギ花粉の飛散はピークを越えたそうですが、その後にヒノキの花粉が控えています。空は春霞ではなく黄砂でかすみます。その間に桜の開花ももう間近になました。

|

« サイエンスカフェ(閑話休題):その4 宇宙は無限にあるか | トップページ | モンキチョウ、キタテハ »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/33872724

この記事へのトラックバック一覧です: ハクモクレン、春の嵐:

« サイエンスカフェ(閑話休題):その4 宇宙は無限にあるか | トップページ | モンキチョウ、キタテハ »