« 春を告げる野原 | トップページ | トビムシ(栃木県・出流ふれあいの森) »

2010年3月 4日 (木)

アブラチャン(油瀝青)の冬芽

 芽吹きを待つ木々の冬芽も戸惑うような行きつ戻りつの春の訪れです。たまたま訪れた山里でアブラチャンの冬芽に出合いました。

アブラチャンの冬芽:
 真ん中の尖っているのが葉芽で、両脇にヤジロベエのように腕を広げている丸いのが花芽です。葉が出る前に花が開きます。大変ユニークな形です。Blg20100303img_5104trmcc

Img_5104trmcc

Img_5107trm

 
アブラチャンの花:(過年度4月下旬撮影、再掲)Img_11711

 同じクスノキ科でよく似ているダンコウバイと共に、早春3~4月に淡黄色の花をつけ、芽吹きが遅い山地では、両者ともひそかな黄色の花が目立ちます。
 アブラチャンの「アブラ」は「油」、「チャン」は「瀝青」を意味して漢字名は「油瀝青」。
昔は、油分が多いので山里では薪炭として、また枝や果実からは油を採取して利用されたそうです。
 なおアブラチャンとダンコウバイは花を見ただけでは判断しにくいことがありますが、冬芽や秋の実成は全く違いますので、この時期には容易にどちらなのかが分かります。

|

« 春を告げる野原 | トップページ | トビムシ(栃木県・出流ふれあいの森) »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/33626684

この記事へのトラックバック一覧です: アブラチャン(油瀝青)の冬芽:

« 春を告げる野原 | トップページ | トビムシ(栃木県・出流ふれあいの森) »