« タネツケバナとミチタネツケバナ(再び観察) | トップページ | キュウリグサとオオイヌノフグリ »

2010年3月18日 (木)

ヒメオドリコソウ

 ヒメオドリコソウは、春が来た野原を代表する花の一つでヨーロッパ原産の帰化植物です。 
 上部の葉の脇に淡紅色の唇形花を輪状につけます。
 群落の真上から花の数を数えてみると、暇つぶしもできます。
 (そんな暇はない!)そんなこと言わないで、ではいってみましょうか。

 まず姫踊り子さんの立ち姿、そして真上から、最初はゼロッ00

 
 イチ、ニィ12

 
 サン、シィ34

 
 ゴォ、ロク56

 
 途中はとばして
 ジュウ、ジュウイチ1011

 
 バカバカしかったでしょうか。
 晴れて暖かな日中には、オオイヌノフグリタンポポホトケノザ、みんな一緒にそろって花をひらいています。

|

« タネツケバナとミチタネツケバナ(再び観察) | トップページ | キュウリグサとオオイヌノフグリ »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/33817598

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメオドリコソウ:

« タネツケバナとミチタネツケバナ(再び観察) | トップページ | キュウリグサとオオイヌノフグリ »