« トビムシ(栃木県・出流ふれあいの森) | トップページ | セツブンソウ①/スプリング・エフェメラル »

2010年3月 6日 (土)

啓蟄の日:モンキチョウ、テントウムシ、そしてミシシッピアカミミガメ

 今日は啓蟄です。大地が暖まり、冬の間土の中に居た虫たちも穴から這い出してくる季節になったということですが、実のところ、昨日はシャツ一枚でも直射日光を浴びるとうっすら汗ばむほどの陽気になりました。しかし今日はまた一転して曇のち雨で肌寒く、明日はもっと冷えるという天気予報です。
 ここしばらくの天候では、這い出して良いものか、まだ穴の中にいようかと迷う虫たちも多いことでしょう。
 ただ、中にはかなり早くから春になった、と決めて姿を現す元気者も居ます。曇や雨で寒い日にはさすがに見かけませんが、少し暖かい日にはモンキチョウが舞い、ヒメアカタテハも姿を見せました。

 晴れた日のモンキチョウは飛び続けてなかなか止まりませんが、しばらく待っていると草むらに下りますのでシャッターチャンス。
 きれいな黄色のモンキチョウの♂P2244962

 
 飛んでいるときには白く見えるモンキチョウの♀P3055010

 
 冬の間は枯れ草下に潜んで休んでいたテントウムシもお日様を求めて草の上に昇ってきます。Img_5018

 
 水路にはミシシッピアカミミガメが泥の中から這い出して日光浴をしていたり、P2244969

 
 ぷかぷか浮いて、のんびり”川流れ”している姿が見られるようになりました。Blg20100223p2234960cctrm

 春が来たのは確かなことのようです。

|

« トビムシ(栃木県・出流ふれあいの森) | トップページ | セツブンソウ①/スプリング・エフェメラル »

動物」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/33648072

この記事へのトラックバック一覧です: 啓蟄の日:モンキチョウ、テントウムシ、そしてミシシッピアカミミガメ:

« トビムシ(栃木県・出流ふれあいの森) | トップページ | セツブンソウ①/スプリング・エフェメラル »