« メスアカケバエ | トップページ | ナガミヒナゲシ(2010/4) »

2010年4月21日 (水)

(2010.4.17)41年ぶりの遅い雪、翌日、シロメダカの産卵はじまり

 去る4/17日には、関東以北などで41年ぶりの遅い降雪ということでしたが、朝起きてみると当地もご多分にもれず積雪がありました。前日まで、いっせいに開花していたハナニラもすっかりしょげかえっていました。2010417412r
 例年にない「北極振動」が起きているために極端な寒暖の変化が続いているということでしたが・・・。

 
 しかしそんなことはお構いなしに、翌18日には、近郊の早いところでは、朝から代掻きの準備の水張りが、また別の田んぼではもう代掻き作業が行われていました。
20104183r

  早い地区では、例年4月下旬には田植えが始まります。

 寒い日が続いたおかげで、たんぼ道脇に植えられているソメイヨシノも樹によってはまだかなり花が長持ちしていて、ヒヨドリが群れでやって来て花をついばんでいました。P4180001

 
 日中の水温がやっと15℃になった屋外のシロメダカ水槽では、今年はじめてのシロメダカ産卵を観察しました。20104182r

 
 最近になってメダカ水槽には極めて多数の、ヒメシロアサザが発芽して、水面に浮遊し、また底土にも根をおろして繁殖をはじめました。時々すくい取って処分していますが、やがてまた出てきます。
 昨年水槽に埋めた鉢植えに出来た種がよほど大量に沈んでいたのでしょうか。こんなにたくさんの発芽は初めての経験です。Photo

 ヒメシロアサザは昔は水田や沼、池などに繁殖して困りものだったそうですが、除草剤や生育環境変化などのせいで、いまは絶滅危惧種になっている植物です。しかし条件さえ良くて、邪魔されなければ、まさに爆発的に増えて、場合によってはまわりに悪影響を及ぼす力を秘めているものとあらためて感じました。

|

« メスアカケバエ | トップページ | ナガミヒナゲシ(2010/4) »

メダカ」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/34312517

この記事へのトラックバック一覧です: (2010.4.17)41年ぶりの遅い雪、翌日、シロメダカの産卵はじまり:

« メスアカケバエ | トップページ | ナガミヒナゲシ(2010/4) »