« 満開の桜と花散らし/ヒヨドリ | トップページ | ヒバリ(留鳥) »

2010年4月 9日 (金)

満開の桜にヨコズナサシガメ(幼虫)

 満開の花をつけた公園の桜並木(4/7)です。新しくこの公園が出来てから20年以上経ち、ソメイヨシノの樹もだいぶ立派になりました。それとともに樹皮にも窪みやひび割れが目立つようになった樹もかなりあります。201047img_5910

Img_5921

 
 そしてこの窪みにヨコズナサシガメが潜んでいます。多分いるだろうと近寄ってのぞくと、やはり見つかりました。越冬した幼虫5、6匹は隠れているようです。2r

 
 人の気配を察するとすぐに樹の洞やめくれた樹皮の裏などに隠れますので、普段は目に触れることも、気づくこともまずありません。
 1匹、小枝で触るとすぐにポトリと地面に落ちてゆっくり這っていきます。成虫も幼虫も共に木の上をゆっくり歩きながら獲物の毛虫などを探し、見つけると素早く襲いかかって、注射器のような口吻を突き刺し体液を吸う、という生活をしている昆虫です。
 この日も気温が10℃を下回る寒い日で、よけいに動きは緩慢でした。2r_2

2r2

 
 羽が大きくなった成虫はまだ見たことはありませんが、まあ、見て可愛いとか、きれいという昆虫ではなく、むしろ気持ち悪い部類ですので、お互いの幸せのために目に触れない方がよいのでしょう。

|

« 満開の桜と花散らし/ヒヨドリ | トップページ | ヒバリ(留鳥) »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/34129296

この記事へのトラックバック一覧です: 満開の桜にヨコズナサシガメ(幼虫):

« 満開の桜と花散らし/ヒヨドリ | トップページ | ヒバリ(留鳥) »