« カワセミ(留鳥) | トップページ | 埼玉県幸手市・権現堂桜堤の桜(2010年) »

2010年4月13日 (火)

石戸蒲ザクラ(日本五大桜)

 埼玉県北本市の東光寺境内にある”石戸蒲ザクラ(いしとかばざくら)”は、日本五大桜の一つに数えられる名木で、大正11年、国の天然記念物に指定されたということです。名前の由来は、この地を訪れた源頼朝の弟「蒲冠者(かばのかじゃ) 源範頼(みなもとののりより)」にちなんでついたと伝えられています。
 例年の開花はソメイヨシノに比べて数日遅く、4月上旬に満開になるとのことで、今年(H22)は4月9日に満開になったとホームページに記録されていました。
 満開にはまだ少し早かった去る4月6日、はじめて見物に行ってきました。5分咲きくらいだったでしょうか。おそまきながら記録に残しました。
 ちなみに五大桜とは、福島県・三春の滝桜山梨県・山高の神代桜、静岡県・狩宿の下馬桜、岐阜県・根尾谷の薄墨桜、そしてこの石戸蒲桜。Img_5827cc

P4060003

Img_5828

Img_5826

3r

 三大桜と比較すると小振りでしたが、”二代目”であるとの解説に納得しました。

|

« カワセミ(留鳥) | トップページ | 埼玉県幸手市・権現堂桜堤の桜(2010年) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/34190019

この記事へのトラックバック一覧です: 石戸蒲ザクラ(日本五大桜):

« カワセミ(留鳥) | トップページ | 埼玉県幸手市・権現堂桜堤の桜(2010年) »