« オオバン(留鳥/漂鳥) | トップページ | メジロ(留鳥/漂鳥)、モズ(留鳥/漂鳥) »

2010年4月 4日 (日)

バン(留鳥/漂鳥)

 冬になると毎年、用水路にバンが見られるようになります。ただ個体数はごくわずかです。用水路には留鳥のカルガモが年中いますが、冬になるとコガモがやってきて、さらにごく少数、バンとオオバンがやって来ることがある、そのような環境です。

 バンは体長35cmほどの大きさで、この冬ほとんど一緒にいたオオバンよりひとまわり小さくみえます。幼鳥の羽は薄い褐色ですが成鳥になると黒っぽい羽毛になります。
 
  1月はじめ。Blg201001032r

 
 横から見たときには脇腹に白い模様があります。また尾羽の下側に白い部分があり、後から見るとよく目立ちます。
 
 2月中旬。Blg201002082r

 
 額にはくちばしが延長したような「額板」があり、繁殖期になると額板とくちばしの根元は赤くなります。
 
 3月初旬Blg201003052r

 
 オオバンと一緒に泳いだり歩き回ったりする姿もよく見かけました。32r1

33r

 
 バンは留鳥ですが、北日本のものは冬の間暖かい地方に移動します。川や水田、湿地や時に公園の池などにも生息しています。長い足と指があり、水かきはありません。水辺を歩きながら昆虫、甲殻類、植物など色々なものを食べています。
 泳ぐときは首を前後に振りながら前のめりになって、ぎこちなく見える姿はユーモラスです。
 冬の間の用水路ではオオバンとほぼ同じ場所で暮らしていたようでした。特に、お互いになわばり争いをするような光景は見かけませんでしたが、カルガモに近づき過ぎると追い払われていましたが。
 4月になって、用水路から離れた遊水池で見かけましたが、やはり移動していくのでしょうか。

|

« オオバン(留鳥/漂鳥) | トップページ | メジロ(留鳥/漂鳥)、モズ(留鳥/漂鳥) »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/34054969

この記事へのトラックバック一覧です: バン(留鳥/漂鳥):

« オオバン(留鳥/漂鳥) | トップページ | メジロ(留鳥/漂鳥)、モズ(留鳥/漂鳥) »