« ヒバリ(留鳥) | トップページ | カワセミ(留鳥) »

2010年4月11日 (日)

オオジュリン(留鳥/漂鳥)

 冬から春の間、冬枯れしたヨシの残る堤防や遊水池の草原に行けば、枯れたヨシの中をさかんに移動しながら、ヨシ等の茎に縦に止まっては茎の皮を器用に剥がして、中にいる昆虫類を探して捕食しているオオジュリンがいます。
 たいてい群れになっていますので、一羽見つければ近くにたくさんいます。
体長16cmほどの鳥で、枯れたヨシの茂みにいるときは保護色にもなって見つけにくく、飛び立って気がつくことが多いです。

1月のオオジュリン:Blg201002035r

 
2月のオオジュリン:Blg201002084r

 
3月のオオジュリン:3

 
4月のオオジュリン:Blg201004042r

201004013rl_2

 
 食性は雑食で、種子、昆虫類等を食べます。また地上を跳ね歩きながら餌を採食することもあるようです。
 冬季は本州以南にやって来ますが、夏期になると東北地方北部や北海道に移動して繁殖するため、関東地方では夏期には見かける機会は少なくなるようです。
 地鳴きは“チューリーン”という、ことですが、近寄っていくと、怪しいヤツが来たぞ、“チューイ・チューイ”、と聞こえるように鳴きながら飛び去っていきます。

|

« ヒバリ(留鳥) | トップページ | カワセミ(留鳥) »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/34089050

この記事へのトラックバック一覧です: オオジュリン(留鳥/漂鳥):

« ヒバリ(留鳥) | トップページ | カワセミ(留鳥) »