« 2010/5 ゴールデンウイークの信州路を走る②車山山頂360度の大展望 | トップページ | 日向山(1,659.6m:山梨県)登山 »

2010年5月13日 (木)

2010/5 白樺湖畔湿原の花(アメリカミズバショウ、ミズバショウ、リュウキンカ)

 連休中、好天続きの信州白樺湖畔、白樺リゾートファミリーランドは子供連れの観光客で大変な賑わいでした。
 それでも比較的静かだったのは、湖畔にある池の平・高層湿原の湿性花園です。規模は小さなものですが、しばしの散策を楽しむことができました。

アメリカミズバショウ:
 ここに黄色の仏炎苞の水芭蕉がありました。案内板によると、10年ほど前に20株ほど植えられたものが開花しはじめたもので、国内では流通して居らず、しかも標高1,420mの路地での開花は珍しく貴重なもの、ということでした。2r_7

 一般に、在来植物種に対して、頭に”アメリカ”が冠せられた植物は、例えば、在来の”フヨウに対して”アメリカフヨウ”の花はとても巨大なように、大きなものであることが多いです。しかし、このアメリカミズバショウは、在来種のミズバショウの近縁種ということでありながら、決して巨大なものではありませんでした。そのうち巨大になっていくのでしょうか。

 
ミズバショウ:
 園内に咲いている在来種のミズバショウは、富栄養化で巨大化した有名観光地のミズバショウと違って、本来の姿に近いものだったのでしょう、風情のあるものでした。
 ただ勝手な推測ですが、ここでも4月の気温が、冬と春を繰り返したからでしょうか、仏炎苞も葉もともに、先端部が霜焼けふうに茶色く痛んでいました。3r

 
リュウキンカ:
 ミズバショウが意外に小さいという印象だったのに較べて、ここのリュウキンカは記憶しているものに較べると、ずいぶん大きく立派な株が多かったように感じました。2r_8

 植物も生育環境条件によって見違えるようになることがよくありますね。

|

« 2010/5 ゴールデンウイークの信州路を走る②車山山頂360度の大展望 | トップページ | 日向山(1,659.6m:山梨県)登山 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/34612077

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/5 白樺湖畔湿原の花(アメリカミズバショウ、ミズバショウ、リュウキンカ):

« 2010/5 ゴールデンウイークの信州路を走る②車山山頂360度の大展望 | トップページ | 日向山(1,659.6m:山梨県)登山 »