« アオサギ、鯉を呑み込む | トップページ | ムナグロ(旅鳥) »

2010年5月28日 (金)

カワラヒワ、キジバト、コチドリ

 冬鳥が帰っていき、夏鳥が姿を見せ、留鳥は行ったり来たりの季節です。

カワラヒワ:
 春先にはたいてい集団で草地におりて、草の種をついばんでいる姿をよく見かけました。この時期は近くの電線や枯れ草にとまって、キリコロキリ、チュイーンとなわばり宣言をしている姿を見るようになりました。繁殖の時期になったのでしょう。4242r1

 
 枯れ草の茎に止まり、水浴びして濡れた羽の毛繕い中の姿もありました。2r2

 
キジバト:
 当地にはシラコバトが生息しているのですが、なかなか目にする機会がありません。それに較べるとキジバトはそれほど珍しくもなく、写真に撮る気も起こらないのですが、たまたま散歩コースの公園近くにいたので記念に1枚だけ。Blg420p4200018

 
コチドリ:
 夏鳥としてやって来ます。日本で見られるチドリ類では最も小さいチドリの仲間です。目の周りに黄色の輪があり、すぐにコチドリと分かります。主に砂地で走り回り、また飛び跳ねながら小動物をとっていますが、当地にはもっぱら水田地帯に飛来して採餌しています。Blg4242r

 ああ、もう初夏になるな、と感じさせてくれる鳥です。

|

« アオサギ、鯉を呑み込む | トップページ | ムナグロ(旅鳥) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/34671990

この記事へのトラックバック一覧です: カワラヒワ、キジバト、コチドリ:

« アオサギ、鯉を呑み込む | トップページ | ムナグロ(旅鳥) »