« 日向山(1,659.6m:山梨県)登山 | トップページ | 黄色い花の雑草①カタバミ、アカカタバミ、コメツブツメクサ、タンポポ、ハハコグサ »

2010年5月15日 (土)

尾白川林道沿いの山野草(ネコノメソウの仲間、カントウマムシグサ、不明の花、ミヤマキケマン、ムラサキケマン)

 5月5日、日向山から下山した尾白川林道沿いでも、やや湿った山地林縁に普通に見られる山野草類が花をつけていました。特に珍しいものはありませんが記録に残しました。

 
ネコノメソウの仲間:
 日向山の「雁ヶ原」から、錦滝方面に下山し、ザレ場斜面を沢筋まで下りたあたりにも群生していました。種類は良く分かりません。3r

 
カントウマムシグサ:
 沢筋沿いの山側にニョキニョキと鎌首を持ち上げていました。仏炎苞が緑色の、カントウマムシグサです。201055

 
不明の花:
 錦滝の水しぶきが飛んでくる湿気の多い山肌斜面に、薄いクリーム色で、花径1cm以下の小さな花を沢山つけた植物群がありました。ピントが甘い写真になりました。植物図鑑など調べましたが今回は分かりませんでしたので、写真のみの掲載としました。Photo

 
ミヤマキケマン:
 海岸地方に多いとされるキケマンと似ていますが、距の形などで区別できるそうです。具体的には承知していませんが、今回は、関東地方の山地に生えている、ということで、ミヤマキケマンとしました。2r

 
ムラサキケマン:
 たいてい、ミヤマキケマンが生えている環境には、仲良くムラサキケマンも生えています。20100505_106

 ケマンの仲間は有毒です。

|

« 日向山(1,659.6m:山梨県)登山 | トップページ | 黄色い花の雑草①カタバミ、アカカタバミ、コメツブツメクサ、タンポポ、ハハコグサ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/34646202

この記事へのトラックバック一覧です: 尾白川林道沿いの山野草(ネコノメソウの仲間、カントウマムシグサ、不明の花、ミヤマキケマン、ムラサキケマン):

« 日向山(1,659.6m:山梨県)登山 | トップページ | 黄色い花の雑草①カタバミ、アカカタバミ、コメツブツメクサ、タンポポ、ハハコグサ »