« 2010年,天空のポピー(東秩父村高原牧場) | トップページ | カワセミ、アメリカザリガニを捕食 »

2010年6月 9日 (水)

5月の昆虫:クロハネシロヒゲナガ、アカサシガメ、ツマグロオオヨコバイ、セグロカブラハバチ、ツツジグンバイムシ

 5月、雑草の茂る草むらや庭木にやって来た、ほとんどが害虫仲間です。

クロハネシロヒゲナガ:
 5月中旬、ネズミムギなどの雑草がすっかり大きくなった草原で、シロツメクサの葉にとまっていた、今シーズン最後に見かけたクロハネシロヒゲナガです。(写真上♂、下♀)4r

 
アカサシガメ:
 全身赤色のサシガメ。庭木の葉の上にいました。ブンブンとよく飛びまわります。ヨコズナサシガメオオトビサシガメよりひとまわり小さくて、体長15mmほど。昆虫やイモムシなどの体液を吸います。
 どうしても高いところにとまり、上から見下ろすアングルの写真が撮れなくて今ひとつ全体の様子が分かりませんでした。
 出現時期は4~6月。分布は本州以南。(撮影は5/4)541

 
ツマグロオオヨコバイ:
 庭木の周りにたくさん飛んでいました。大きさ13mm前後(翅の先端まで)。黄緑色で、頭部と胸部に黒班があり、翅端が黒くなった大きなヨコバイ。林縁や草原に多く見られる普通種。いろいろな植物の汁を吸う。稲の害虫。灯火にも飛来する。
 出現時期は3-11月と長い。分布は本州以南。54img_6950trmcc

 
セグロカブラハバチ(ハバチ科):
 草原にいました。体長7㎜前後 頭部・触角・中胸背板・翅・各肢の脛節から先は黒色で、ほか体全体が橙~黄色。
 中胸背板が黒いこと以外はニホンカブラハバチとそっくり。幼虫はアブラナ科植物に寄生します。
 出現期は 5~9月。分布は 日本全土。Blg20105101

 
ツツジグンバイムシ:
 ツツジの葉にいました。ツツジ、サツキの害虫。年3~4回発生し,成虫で越冬します。成虫は,体長3~4mmの軍配型で,4月頃から葉の裏に乳白色の卵を生み、葉の裏で群生して加害するため,被害葉はカスリ状の白斑が現れて気がつくことが多いです。
 透明な羽の上から黒色のX紋様が見えます。3r

|

« 2010年,天空のポピー(東秩父村高原牧場) | トップページ | カワセミ、アメリカザリガニを捕食 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/35147408

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の昆虫:クロハネシロヒゲナガ、アカサシガメ、ツマグロオオヨコバイ、セグロカブラハバチ、ツツジグンバイムシ:

« 2010年,天空のポピー(東秩父村高原牧場) | トップページ | カワセミ、アメリカザリガニを捕食 »