« 関東も梅雨入り:アゲハと初夏の雑草など | トップページ | サクランボ(櫻桃) »

2010年6月16日 (水)

6月のバラ「未来」、メダカ水槽にトンボのヤゴ

 6月上旬、 鉢植えで、”丹精込めないで”育てているバラ・「未来」が、一輪、少し小振りな花をつけました(写真上。なお下は茨城フラワーパークで撮影したもの)数年前、よく通った茨城フラワーパークで、20周年記念花としてバラ育種家の寺西菊雄氏が作出された”茨城フラワーパーク・オリジナルローズ”ということで買い求めたものです。
 丹精込めればもっと大輪のすばらしい”作品”になる素材なのですが・・・(枯れないだけマシです)2r

 
 同じ頃、プラスチック・コンテナの屋外メダカ水槽に、今年もトンボのヤゴが見つかりました。大きさ約2cmのものが2匹いました。容器壁や底土に殖えすぎて困る藻類の”草取り”清掃をしているときに見つけたものです。掴まえるのに失敗すると、藻の中に潜り込んで完全にカモフラージュされ、見つけるのが困難です。
 しばらく後に、水底の”草むら”に潜んでいる1匹を掴まえることが出来て、写真判定したところ、どうやらノシメトンボのヤゴのようでした。
 ”同居人”のクロメダカ(野生メダカではなく、ホームセンタで購入したもの)は、水槽も野生のものとは別にして飼育していますが、子メダカが殖えても困りますので、特別な対策は行わないで3年以上経過し、生育していた個体の履歴も不明になってしまいました。
 そして昨シーズン中に、大部分の成魚が個体の寿命を迎えたのでしょうか、次々に死んで、今残っているのは5匹だけになりました。
 生まれたての子メダカはトンボのヤゴの餌食にされますので、これまではヤゴは見つけ次第、強制疎開させていましたが、今回は、成魚だけですから”運命共同体”としてこのまま同居させておくことにしました。Img_5665trmcc

Img_5665trmcc_1

Img_5671

Img_5673

追記後日談:
  6月下旬から7月はじめにかけて、複数のメダカ水槽の水草茎に、同じ種類のヤゴの脱皮殻が5匹分見つかりました。そして脱皮殻の傍らで羽化に失敗した成虫が1匹、飛べないでいるところも発見しました。
 改めて調べたところ、ヤゴはノシメトンボのものではなく、ナツアカネと分かりましたので、ここで訂正いたします。(2010.7.6)

|

« 関東も梅雨入り:アゲハと初夏の雑草など | トップページ | サクランボ(櫻桃) »

メダカ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/35273650

この記事へのトラックバック一覧です: 6月のバラ「未来」、メダカ水槽にトンボのヤゴ:

« 関東も梅雨入り:アゲハと初夏の雑草など | トップページ | サクランボ(櫻桃) »