« ヤグルマソウ、キヌガサソウ、ツマトリソウ、カトウハコベ | トップページ | 2010/7信州白馬路の旅① 和田野の森散策 »

2010年7月22日 (木)

水田雑草:オモダカ、コナギ、ウリカワ、ミズアオイ、イヌホタルイ

 梅雨明けしたとたんに、毎日、頭がくらくらするほどの猛暑が続いています。そんなお天気もあって、早稲種の水田にはもう稲穂が伸びています。季節は確実に進んでいますね。
 それに伴い、水田には稲の生長と同期して生えてくる農家泣かせのいろいろな雑草が伸びてきます。
 散歩コースにしている農道を一周してくると、毎年、決して”根絶やし”にされることなく、しつこく、中には薬剤耐性を獲得したようにだんだん勢力を増しているらしい水田雑草が目に入ります。それらの代表選手です。(写真撮影2010.07.中旬)

●オモダカ:
 専門家に伺ったところ、どうやらこれまで有効だった除草剤に抵抗性を持つ株が増えてきたのではないか、とのこと。
 広い水田で、大きく伸びた稲田の中に、ポツン、ポツンと白い花が垣間見える田んぼがありました。紛れもなくオモダカが大きな葉をつけ、長い花茎を伸ばしてその先に白い花をつけているのです。
 農家にとってはいまいましい限りだと思うのですが・・・2r

 
●コナギ:
 水田脇に一大群落を作っていました。このまま放置はされないだろうと予想したとおり、数日後には除草剤を散布されて、瀕死の状態になっていましたので、今シーズンはお終いかもしれません。
 しかし、コナギはなかなか強か者で、例年、そのいくつかは息を吹き返して、秋頃には青紫の花をつけるものが結構見られます。2r_2

 
●ウリカワ:
 近郊の水田地帯では、ウリカワだけはほとんど見られません。文字通り、足を棒にして歩いてやっと見つけられることがある程度です。
 ただウリカワも決してそれほどひ弱な水田雑草ではないそうで、減農薬、無農薬栽培などを実行されている地域などでは、稲の生長に合わせて繁殖し稲の栄養を横取りする、なかなか根絶困難なやっかい雑草だそうです。
 写真のものは、野外で採取したウリカワの開花株を屋外メダカ水槽に植えて、やっと生きているもので、数年間、一度も花をつけるまで成長したことはありません。
 ”ひ弱ですよ”、とアピールしているのでしょうか。Img_5957

 
●ミズアオイ:
 近郊ではいちばん見つけにくいものの1つですが、毎年、特定の場所にだけ数株生えてきます。
 そして水色のきれいな花をつけたところで、除草剤の洗礼を受けて、枯れていきます。
 他の雑草ほどには頑丈ではないような感じです。
 農家の方には叱られそうですが、ミズアオイの隠れフアンなのです。生き延びてくれ、とひそかにお祈りしたりして・・・
 もちろん、今はこの株はなくなって、別の少し小型の株が花を2個つけているのを確認しました。
Img_8799_6

 
●イヌホタルイ:
 やはりどこにでも生えているのではなく、大体決まったところに多いように思います。
 ただ休耕田のひどいところでは、”い草”の田んぼでは、と思うほど、このイヌホタルイがはびこっているのを見たことがあります。Photo

 水田雑草の駆除に使われる農薬(除草剤)の種類、使用時期や方法などの知識はありませんが、田んぼが違えば生えてくる雑草の種類も異なるよう見受けられるのは、それらの影響もあるのでしょうか。

 追記:
 ブログには、本記事以外にも毎年繰り返し水田雑草関連観察記事を掲載してきました。
 その 一覧リストはこちら です。
 

|

« ヤグルマソウ、キヌガサソウ、ツマトリソウ、カトウハコベ | トップページ | 2010/7信州白馬路の旅① 和田野の森散策 »

植物」カテゴリの記事

コメント

 大森さんコメントありがとうございます。
私は農業に関してまったく経験のない素人です。偶々、現在住まいしているところが規模の大きな水田地帯なので、毎日の散歩コースがたんぼ道。
 それで否応なしに水田環境が目に入るため、通りがかりで邪魔にならない時に農家の方にうかがったり、時に専門家に聞いたりしながら記事にしているだけにすぎません。
 農作業の大変さは毎日目の当たりにしていますので、ナマクラ人間にはとてもできないことがよく分かります。
時節柄、ご自愛の上、お励み下さい。

投稿: クロメダカ | 2014年7月18日 (金) 19時56分

水田雑草の記事、助かる。
初心者なので。
ただ、農薬は自分に返ってきそうで怖い。ので、三角ホーンを持って田んぼの中を這いまわっている。
退職後のトレーニングにいい。
マラソンの夏場の練習になる。
7/18 田んぼから上がって  大森

投稿: | 2014年7月18日 (金) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/35751139

この記事へのトラックバック一覧です: 水田雑草:オモダカ、コナギ、ウリカワ、ミズアオイ、イヌホタルイ:

« ヤグルマソウ、キヌガサソウ、ツマトリソウ、カトウハコベ | トップページ | 2010/7信州白馬路の旅① 和田野の森散策 »