« 田んぼにやって来るゴイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギとカエル | トップページ | サイエンスカフェ(閑話休題):その7(欠席)&8.周期表 »

2010年8月24日 (火)

ウシガエル、トウキョウダルマガエル、チュウサギ

 8月初旬の、ご近所のカエルです。 

ウシガエル
 足元の用水路の草むらで、大きな声で鳴いていました。
 2mほど上の道路脇からそっと覗くと、草がじゃまになっているせいで、逃げないで鳴いています。
 少ないシャッターチャンスですが、逆に草がじゃまになって、この写真しか撮れませんでした。
 農道で車にはねられてのびていた“巨大な”個体をまじまじと見たことがありますが、生きたものの生態をカメラに収めたことがありません。
 近郊では、水草が繁茂し、流れの緩やかな用水路にたくさん生息していますが、とても警戒心が強く、気配を察するとすぐに水中に飛び込んで逃げるため、これまでしょっちゅう「ブオー、ブオー」というウシに似た鳴き声を聞いて近づいた時に、いち早く水に飛び込むドボンという音を聞くだけで、なかなか姿を捉えたことがありません。
 ウシガエルは、食用ガエルという別名があるとおり、食用として養殖された個体が逃げ出し、日本各地に定着してしまいました。
 在来種に比較して大型、かつ貪欲で、環境の変化に強い本種は在来種を捕食してしまうことが懸念され、2006年外来生物法により特定外来生物に指定されましたので、現在は日本国内での流通はありません。
 世界的にも各国で問題視されていて、世界の侵略的外来種ワースト100にも指定されているそうです。201081p8010071

 
トウキョウダルマガエル
 猛暑対策のため水がいっぱいに張られた稲田の傍を歩くと、この時期とてもたくさんのカエルがいて、ただまだ小さいものが多いようでしたが、畦の縁から稲田の中に飛び込んで逃げていきます。Blg2010731

 
 水が溜まった農道脇の側溝に、親ガエルがいました。
 こちらも逃げ足が速くてなかなか”ばったり”出合うことは少ないのです。
 のんびりしていると目ざといサギに食べられてしまうからです。P8010052trmcc

P8010053trm

 
 稲田脇の側溝を窺うチュウサギがいます。アブナイ、アブナイ。Blg81p8010042

|

« 田んぼにやって来るゴイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギとカエル | トップページ | サイエンスカフェ(閑話休題):その7(欠席)&8.周期表 »

動物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/36307055

この記事へのトラックバック一覧です: ウシガエル、トウキョウダルマガエル、チュウサギ:

« 田んぼにやって来るゴイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギとカエル | トップページ | サイエンスカフェ(閑話休題):その7(欠席)&8.周期表 »