« ヤマユリ、アカソ、イケマ、オオウバユリ、オオハンゴンソウ | トップページ | ヌスビトハギ、ノアザミ、ヨツバヒヨドリ、マルバフユイチゴ »

2010年8月31日 (火)

ヤブジラミ、ガマズミ、キンミズヒキ、ゲンノショウコ、ドクゼリ

 猛暑続きで、残暑も厳しかった8月が終わります。

 8月の山地などで撮りためた山野草を掲載しています。平地で見られるものもあります。
福島県・五色沼自然探勝路沿いで見かけた植物の続きです。

ヤブジラミ:
 セリ科の越年草です。草丈は50~80cmくらいでしょうか。6月の終わり頃から線香花火のような白い小さな花を咲かせます。写真に撮りにくい植物です。分布は日本各地。
R

 
ガマズミ:
 林縁に生えていました。日本各地の山地や丘陵地の明るい林や草原に生える落葉低木です。樹高2~3m程度になります。赤い実がきれいでした。Img_0081

 
キンミズヒキ:
 流れ沿いの道側にたくさん生えていました。やや自然度の高い草はらに生育する多年草です。葉は5~9個の小葉に分かれ、葉の付け根には明瞭な托葉があります。
 夏に花茎を立ち上げ、8月頃に黄色い花をたくさん付けています。草丈は大小さまざまのものがありました。分布は日本各地。2r_6

 
ゲンノショウコ:
 道ばたに生えていました。フウロソウ科の多年草です。小さな花ですが、アップで見るときれいです。昔から民間で下痢止めの薬草として利用されました。Img_0169

 
ドクゼリ:
 遊歩道沿いの湿地に生えていました。セリ科ドクゼリ属の有毒植物で、草丈1~1.5mに達する大形の多年草です。
 日本各地の水辺や沼地などに自生しています。6~8月に複散形花序を出し、球形に集合した白色の小花を多数開いて独特の花姿を形成しています。
 植物体が小さい時に草姿がセリとよく似ていて、誤って食べると危険です。
Photo_2

|

« ヤマユリ、アカソ、イケマ、オオウバユリ、オオハンゴンソウ | トップページ | ヌスビトハギ、ノアザミ、ヨツバヒヨドリ、マルバフユイチゴ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/36333228

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブジラミ、ガマズミ、キンミズヒキ、ゲンノショウコ、ドクゼリ:

« ヤマユリ、アカソ、イケマ、オオウバユリ、オオハンゴンソウ | トップページ | ヌスビトハギ、ノアザミ、ヨツバヒヨドリ、マルバフユイチゴ »