« ニイニイゼミの羽化 | トップページ | 山地の生きもの ②:カメノコテントウ、コメツキムシの仲間、ジョウカイボン、キアゲハ »

2010年8月 7日 (土)

山地の生きもの ①:トビケラの仲間、クビボソジョウカイ(?)、ヒダリマキマイマイ、ヤマナメクジ、黒い大ナメクジ

 今日は暦の上では立秋、、暑中見舞いが残暑見舞いに変わる、もはや実感は何も伴わない”形式的”なものになってしまいました。暑さの影響で野菜も値上がりです。

 さて月遅れの記事になってしまいましたが、白馬の旅、その他で気まぐれに撮した昆虫その他の気持ち悪いもの、その①です。

 
トビケラの仲間:
 高原の湿地にいたトビケラの仲間らしい昆虫。写真1枚しかなく、同定するには情報不足でした。(2010.7栂池自然園)79img_9169

 
クビボソジョウカイ:
 こちらもピントの甘い写真1枚で、クビボソジョウカイに似ていると思いましたが、不確かです。クビボソジョウカイは体長9~12mmほど。前胸部背が黄褐色で、全体に色彩変化が多い小型の昆虫です(2010.7栂池自然園)79img_9168

 
ミヤマヒダリマキマイマイ:
 シラネアオイの葉にいました。黒っぽい大きなカタツムリで平地では見かけられない種類です。(2010.7栂池自然園)79img_9165

追記:2012.3.11
  「ミヤマヒダリマキマイマイ」、としたのは誤りで、「ヒダリマキマイマイ(山地型)」が正しいと教えていただきました。あらためてミヤマヒダリマキマイマイ(http://hyouhon.jp/html/shell5c11.html )の写真を確認して、訂正いたしました。ありがとうございました。

 
ヤマナメクジ:
 ついでですが、ミヤマヒダリマキマイマイの殻を外せば、さしずめこんなものかというような大きなナメクジです。10cmくらいあったでしょうか。(2010.6.27福島・高清水自然公園627img_8400_3

 
黒いオオナメクジ(不詳):
 ついでのついです。初めて出くわしてびっくりした真っ黒い色の大きなナメクジです。10円玉の直径は23.5mmですから、こちらも体を伸ばした時には10cm以上あったと思います。(撮影2010.5.24クロアチア・プリトヴィッツェ国立公園235mm524img_7891
 ところ変われば、住んでいるものも違いますね。

|

« ニイニイゼミの羽化 | トップページ | 山地の生きもの ②:カメノコテントウ、コメツキムシの仲間、ジョウカイボン、キアゲハ »

動物」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

 矢野様、お教えありがとうございました。ご指摘いただいたとおり、ミヤマヒダリマキマイマイとは明らかに違い、間違いであることを確認して、記事を訂正いたしました。お礼申し上げます。

投稿: クロメダカ | 2012年3月11日 (日) 12時04分

ミヤマヒダリマキマイマイとされている貝ですが、
殻の色が茶褐色から黒褐色となる
ヒダリマキマイマイの山地型だと思います。

ミヤマヒダリマキマイマイとヒダリマキマイマイの
区別点は、殻の巻き広がり具合です。
ミヤマヒダリマキマイマイはこの写真の貝ほど
巻き広がりません。
両者の写真があれば比べてみてください。

投稿: 矢野 | 2012年3月11日 (日) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/35996173

この記事へのトラックバック一覧です: 山地の生きもの ①:トビケラの仲間、クビボソジョウカイ(?)、ヒダリマキマイマイ、ヤマナメクジ、黒い大ナメクジ:

« ニイニイゼミの羽化 | トップページ | 山地の生きもの ②:カメノコテントウ、コメツキムシの仲間、ジョウカイボン、キアゲハ »