« オオヘリカメムシ幼虫、キタテハ、キンモンガ、ルリタテハ、チャバネアオカメムシの若齢幼虫? | トップページ | 夏の終わり、ハラビロカマキリの子供、鳴くツヅレサセコオロギ »

2010年8月28日 (土)

アサギマダラ、オニヤンマ、ヒョウモンエダシャク、ミカドフキバッタ

 8月初旬、福島県・安達太良山の下山道沿いで見かけた昆虫です。平地で見かけることは少ないものの、特別に珍しいものではありません。

アサギマダラ:
 道沿いに咲いたヨツバヒヨドリの花にたくさんいました。翅の模様が鮮やかな大型のチョウで、長距離を移動することでも知られています。山地で多く見られます。Photo

Img_0369

 
オニヤンマ:
 山地にはたくさん飛んでいました。昔は平地にも普通にいたものですが、少なくなりました。蟹のように、立派なカギ爪を持っています。
 悠然と空を遊弋している姿は、威風堂々、という感じで、子供時代にはなかなか捕まえられない憧れのトンボでした。体長10cmほどある日本最大のトンボ。2r

 
ヒョウモンエダシャク:
 木の葉にとまっていました。大きさ (開張)41~50mm で、白地に黒色紋が散りばめられた翅を持つ、よく目立つシャクガの仲間。
 後翅の外側半分は淡いオレンジ色をしています。出現時期は6~9月。分布は日本各地。Img_0344

 
ミカドフキバッタ:
 一見イナゴの子供かと思いますが、翅が退化して飛べないフキバッタの成虫です。この仲間の分類・同定は難しいそうですが、今回の居場所と、後肢腿節の下面が紅色という特徴から、ミカドフキバッタとしました。2r_2

|

« オオヘリカメムシ幼虫、キタテハ、キンモンガ、ルリタテハ、チャバネアオカメムシの若齢幼虫? | トップページ | 夏の終わり、ハラビロカマキリの子供、鳴くツヅレサセコオロギ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/36330389

この記事へのトラックバック一覧です: アサギマダラ、オニヤンマ、ヒョウモンエダシャク、ミカドフキバッタ:

« オオヘリカメムシ幼虫、キタテハ、キンモンガ、ルリタテハ、チャバネアオカメムシの若齢幼虫? | トップページ | 夏の終わり、ハラビロカマキリの子供、鳴くツヅレサセコオロギ »