« トルコ旅行④ギョレメ野外博物館、カイマクル地下都市、アンカラ・エクスプレス | トップページ | トルコ旅行⑥ボスフォラス海峡クルーズ、トプカプ宮殿見学、そして帰国 »

2010年9月17日 (金)

トルコ旅行⑤イスタンブール歴史地域

 8月下旬から9月上旬にかけて、イスラム国家では最も“親日的”と言われるトルコ9日間の旅に行きました。その日記です。

7日目:終日イスタンブール
 寝台特急の朝は6時モーニングコール、6時30分に食堂車での朝食、そして8時すぎイスタンブール到着。迎えのバスに乗りイスタンブール歴史地域観光へ。

「イスタンブール歴史地域」(世界遺産)
 トルコ最大の町、奥深い歴史を持つ。2回呼び名を変えた都市。紀元前からビザンティウムと呼ばれていたが、東ローマ帝国の都と定められて(紀元後4世紀)から呼び名がコンスタンチノーブルに変わり、1453年にオスマントルコ軍によって陥落されてからは、イスタンブールと呼ばれるようになった。アジアとヨーロッパを結びつけ、産業、流行、観光の中心都市として栄えている。
 特にビザンチン帝国時代のアヤソフィア大聖堂、地下宮殿、オスマントルコ帝国時代のブルーモスク、トプカプ宮殿は見事。(パンフレット)

 人口1,500万人の大都市とあって、観光名所はどこに行っても人で溢れ混雑していました。それにとても暑かったです。
 午前中は「リュステムパシャモスク」、活気と人混みの「エジプシャン・バザール(市場)」、「タクシム広場」、「イスティクラル大通り散策」などの見学で時間が過ぎました。 Photo

Photo_3

 昼食には、街中の店先で実演されているのを見学した「ドネルケバブ」。見てきた印象とは異なり意外に味が淡白で、”ポン酢”をかけると大変美味しくなりました。Photo_4

 午後の観光では大規模の総合市場「グランド バザール」(写真上)、エジプトから来たというオベリスクの建つ「ヒポドゥローム」、今回の見所の一つ「ブルーモスク」、そして「アヤソフィア」を見学。異文化を十分体感しました。Photo_5

Photo_6

 どのモスクでも靴は脱がなければいけません。(例外的に靴カバーでOKのところもありましたが)。
 ブルーモスクでは階段を上がったところが入り口で、そこで靴を脱いで入口脇の下駄箱に入れますが、ガイドの曰く、”皆さん、靴は脱いでここに置いてください。立派な靴は盗まれることがあります。でも皆さん、心配しないでください。”まったく同じもの”をすぐ下で売っていますから!”(かっぱらいがすぐ下で売っている、という冗談です。大都市ではどこに行ってもそうですが、スリ、置き引きなどには厳重注意するよう、再三注意を促されました)。

 予定の見学を終え、少々疲れ気味で18:30、初日と同じホテル、グランド・ジェバヒルにチェックインしてから、夕食は外のレストランでシーフード。
 このあと遅く、オプショナルツアー(民族舞踊、ベリーダンス鑑賞)がありましたが、これはパスしてホテルに戻り早々に就寝。                                           (続く)

|

« トルコ旅行④ギョレメ野外博物館、カイマクル地下都市、アンカラ・エクスプレス | トップページ | トルコ旅行⑥ボスフォラス海峡クルーズ、トプカプ宮殿見学、そして帰国 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/36691852

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ旅行⑤イスタンブール歴史地域:

« トルコ旅行④ギョレメ野外博物館、カイマクル地下都市、アンカラ・エクスプレス | トップページ | トルコ旅行⑥ボスフォラス海峡クルーズ、トプカプ宮殿見学、そして帰国 »