« キチョウ、モンシロチョウ、アゲハチョウ、アオスジアゲハ、ヒメアカタテハ | トップページ | ルリタテハ(幼虫) »

2010年10月15日 (金)

ツマグロヒョウモン

 関東地方でも定番の蝶になったツマグロヒョウモンですが、913_2

913_3

 
 我家の庭に関する限り今年は”異常年”でした。これまでは例年春先から幼虫が姿を現して一夏大フィーバーを繰り返していたのですが、今年は全く姿が見えずに終わりそうでした。
 しかし、9月中旬、庭先にツマグロヒョウモン(♀)のかなりくたびれた個体が、よろよろ、という感じで2日続けてやって来ました。915img_1739

 
 それと関係あるかどうかわかりませんが、10月初旬、なんと今年はじめてのツマグロヒョウモン幼虫、それも未だ若齢の小さいものが野生スミレの鉢に一匹居るのを見つけました。106img_2417

 
 数日間は無事でいるのを見ましたが、106img_2416

 その後、2日間、かなりの雨が降った後には姿が確認できなくなりました。2回脱皮した抜け殻だけは見つかりましたが。
 今シーズンはご近所でも明らかに少ないのです。ただしいて言えば、今年は、毎年宅地内の街路端に生える野生スミレが、例年になく徹底的に除草されて、見事に綺麗な生活道路環境になったので、幼虫の食草がなくなった/激減したことにもよるのでしょうか。我が家の猫の額の庭にも、そういえば少なかったかもしれません。

|

« キチョウ、モンシロチョウ、アゲハチョウ、アオスジアゲハ、ヒメアカタテハ | トップページ | ルリタテハ(幼虫) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415438/37195230

この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロヒョウモン:

« キチョウ、モンシロチョウ、アゲハチョウ、アオスジアゲハ、ヒメアカタテハ | トップページ | ルリタテハ(幼虫) »